ホーム ダイエット・ボディケア > 姿勢悪くなってない?むくみを引き起こしてしまうNG行動とは

姿勢悪くなってない?むくみを引き起こしてしまうNG行動とは

むくみが起きるということは、身体がSOSサインを出している証拠です。日常生活を振り返り、身体に負担をかけていないかどうか一度考えてみましょう。

むくみが起こる原因とは

むくみは水分の摂りすぎのほか、さまざまな理由で起こります。意外かもしれませんが、不自然な姿勢によっても、むくみがあらわれる場合があります。

栄養にかたよりがあるときや生理の前などには、全身がむくみやすくなります。脚や顔、まぶたなど、ある部分のみに起こるむくみの場合は水分過多、睡眠不足、不自然な姿勢によるものが考えられます。

引用:スキンケア大学

むくみは身体の負担が大きい証拠

長い間、悪い習慣を続ければ、身体にとっては大きな負担になってしまいます。むくみを「やっかいなもの」ととらえずに、何が原因なのかじっくり考えてみましょう。

「またむくんでる!」と流してしまわずに、脚のむくみを感じたら、身体や心に無理がないか、振り返って考えるようにしてみましょう。そうすることによって、日ごろの不摂生やストレスに敏感になり、脚がむくみにくくなることに加えて、全身を健やかな状態保つことができるようになるでしょう。

引用:スキンケア大学

一日ひとつ、むくみ解消術

今日からできるむくみ改善方法をいくつか紹介しましょう。しかし、やり過ぎは禁物です。無理のない範囲で行ってくださいね。

・温かいお風呂で体温を上げ、冷えないようにする
・カイロや暖房、厚着で「これでもか」というほどに温める
・ビールやコーヒー、紅茶を積極的に摂り、利尿作用を促す
引用:スキンケア大学

NG行動を改めても改善されない場合は注意

食生活や姿勢などの生活習慣を見直してもむくみが解消されない場合は、もしかすると病気が隠れているかもしれません。その場合は、病院を受診することをおすすめします。

ひどくむくんだ状態が続くようであれば、心臓や腎臓が弱っているおそれがあります。また常用している薬の影響でむくむ場合もあります。これらの疑いがある場合は、すぐに専門医の診察を受けて下さい。

引用:スキンケア大学

むくみとうまく付き合おう

手足がむくんでしまった時、ただ「嫌だな」と感じるのではなく、むくみをきっかけに身体のことを考える機会ができたという発想をもつように心がけてみましょう。そして、身体からのサインであるむくみとうまく付き合っていきましょう。

シェア Google+

関連記事

P R