ホーム メイク・コスメ・スキンケア > プツプツにご用心。背中美人になるためのセルフニキビケア

プツプツにご用心。背中美人になるためのセルフニキビケア

背中のプツプツは、菌や角質などの不衛生な環境によって生まれている可能性があります。キレイなツルツルの背中を目指すなら、毎日のスキンケアが大切。背中のケアとは、一体どのように行えばよいのでしょう。

背中のプツプツ、その正体は?

気づいたらプツプツができていた…そのような場合は、主に背中ニキビや毛孔性苔癬が原因だと考えられます。ニキビは、汗や汚れによって繁殖した菌の影響で炎症が起こった状態です。毛孔性苔癬は、背中に溜まった古い角質が固まってできてしまいます。どちらも背中の不衛生な状態が、プツプツを招く原因でしょう。

ニキビ

アクネ菌やマラセチア菌による炎症のことを指します。どちらの菌も皮膚に住み着いている常在菌で、皮脂や湿気の多いところを好み増殖します。特に背中は比較的皮脂の分泌量が多いほか、手が届きにくく汚れを洗い残しやすいことから、菌が増殖しやすいのです。

毛孔性苔癬

特に痛みやかゆみなどが起きるものではありませんが、ニキビと同じようにぶつぶつができるものです。原因は古い角質が固まってしまうことにあるといわれています。

引用:スキンケア大学

背中ニキビができたときの正しい入浴法

背中ニキビができてしまっている場合、清潔を保つためにも入浴の方法を見直してみましょう。まずは入浴のときに、どの部分から洗うかが重要なポイントです。髪を洗う際に洗い流したシャンプーやリンスは、実は背中に

残りがちです。身体に石けん類が残らないようにするためにも、洗う順番は髪のあとに身体を洗う習慣をつけましょう。

背中ニキビを上手にケアするには、入浴の際、体のどこから洗うかを考えることが大切です。シャンプーやリンスなどは体を洗った後にするという人もいますが、体についたシャンプーやリンスなどを取り去る意味でも、髪は先に洗い、体は最後に洗いましょう。

また、入浴後は、清潔なタオルで背中をこすらずに水気をとり、化粧水などを使ってしっかりと保湿することも大切です。

引用:スキンケア大学

しっかり洗おうとしないで

ニキビを見つけると、「キレイにしなくちゃ」と念入りに背中を洗おうとしてしまいがちですが、ゴシゴシ洗う、または洗浄効果の高い石けんを使うと、肌の乾燥やさらなる炎症を起こしてしまう可能性があります。できるだけ、手か柔らかいタオルなどでやさしく洗い、石けんの泡はしっかりと洗い流すように心がけましょう。

背中ニキビができているときに、陥りがちなのが、清潔にするためにしっかり洗おうとし、タオルなどでゴシゴシ擦り洗いをしてしまうこと。実は、かえって毛穴がつまり、背中ニキビの悪化につながってしまうのです。また、石けんの洗浄成分が強すぎると、必要な皮脂までも取り去ってしまうため、皮膚が乾燥しがちになってしまいます。すると、その乾燥を補おうとして、かえって皮脂分泌が過剰になることがあるのです。

引用:スキンケア大学

背中を大胆に見せつけて

背中は手が届きにくいこともあり、なかなかケアが行き届かない部分です。入浴のときにちょっと振り向いて、自身の背中をチェックしてみましょう。

シェア Google+

関連記事

P R