ホーム メイク・コスメ・スキンケア > それで、効果はどのくらい?「美白注射」の治療法とその実力

それで、効果はどのくらい?「美白注射」の治療法とその実力

美白注射とは、美白効果の高い美容成分を注射によって身体にとり入れる方法です。その効果や方法はどのようなものなのか気になるところですよね。まずは、美白注射の方法やメカニズムをご紹介します。

「美白注射」とは?

表面的なスキンケアやサプリメントなどによる美白成分の摂取よりも、より効率的に肌へのアプローチが期待できるといわれる「美白注射」。美白効果の高いビタミンCやプラセンタエキスなどの成分を注射することによって、肌への美白作用を補助していきます。

美白を目的とした注射や点滴は、サプリメントや内服薬よりも成分がダイレクトに作用するので即効性に優れていると言われており、より高い効果を求める方に利用されています。

クリニックによって、美白に効果的な注射や点滴のメニューはさまざまです。美白だけでなく美肌や疲労回復などにも対応していることも多いので、ご自身の肌や身体の調子などに合わせて医師と相談のうえ、どのような成分をどのように取り入れるか決めるとよいでしょう。

引用:スキンケア大学

注射でとり入れる成分は?

美白注射でとり入れられる成分は、受ける人やクリニックによって異なってくるようです。下記のような成分が使われることが多いようです。

ビタミンC

メラニンの生成を抑える、できてしまったメラニンを還元する、活性酸素を抑えるなど、シミやソバカスへの美白効果があります。また、コラーゲンの生成を助けるので、シワやたるみなどにも効果的です。

ビタミンCは水溶性のため、食品などで摂取した全てが体内に吸収されるわけではありません。静脈注射または点滴で投与します。

引用:スキンケア大学

プラセンタエキス

複数のアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含む胎盤由来のエキス。化粧品などでは馬や豚のプラセンタエキスが使われていますが、クリニックで扱えるのがヒト由来の胎盤です。注射には、このヒトプラセンタが使用されています。

プラセンタ注射は、美白効果が高く、くすみやシミ、肝斑の改善や予防に効果的です。他にも、コラーゲン生成を促したり抗酸化作用、保湿作用、抗アレルギー作用などもあるので、総合的に美肌づくりに働きかけてくれます。プラセンタエキスについては、皮下注射または筋肉注射で投与します。

引用:スキンケア大学

続けることで効果が得られる

美白注射は、1回受ければすぐに効果が得られることは少ないといわれています。医師と相談しながら、定期的に注射を受けることで効果を得られるようになっていくようです。ただし、この治療は健康保険が適応されないので、費用の面などもしっかり検討してから行いましょう。

注射や点滴はある程度続けることで、効果が感じられるようになります。点滴の場合は1回20分程度、注射の場合は数分で終わりますが、美白効果の持続を求めるならば、例えばプラセンタ注射などは週1回程度のペースで継続的に行うことがススメられています。ビタミンC点滴でも、月に2回ほどの頻度は必要となります。

引用:スキンケア大学

美白注射でまっ白な肌に

最近では、美白注射はクリニックなどで簡単に受けられるようになってきているようです。ただし、あくまで治療の一つです。身体に不調があるときや肌の状態がよくない場合は、無理な施術を控えるようにしましょう。

シェア Google+

関連記事

P R