ホーム エンタメ > 「母が得体のしれない情報を妄信している」 話を聞いた友人の反応は?【母親を陰謀論で失った Vol.9】

「母が得体のしれない情報を妄信している」 話を聞いた友人の反応は?【母親を陰謀論で失った Vol.9】


この漫画は書籍『母親を陰謀論で失った』(原作:ぺんたん/漫画:まきりえこ)の内容から一部を掲載しています(全17話)。

■前回のあらすじ
事実に基づかない情報や不安をあおる情報が拡散される「インフォデミック」という現象。母はそれに巻き込まれてしまったのだと、ナオキは確信するのでした。






学生時代から知った仲のケイスケなら、少しは話を分かってくれると思ったナオキ。

しかし、母の話をすればするほど自分でも理解不能で…。

ケイスケが全然分からないというのも当然の反応なのでした。



『母親を陰謀論で失った』

原作:ぺんたん/漫画:まきりえこ(KADOKAWA) 
書籍「母親を陰謀論で失った」はこちら

東京で妻と暮らす息子と、地方で父と暮らす母親は、どこにでもいる仲の良い親子でした。しかし、ある時期から母親が息子に怪しい動画を送りつけてくるようになり…。大好きだった母親が陰謀論に振り回されて豹変していく様を目の当たりにすることになるのでした。


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ