ホーム エンタメ > 車の傷、どう責任をとる? 4人のママたちの結論は…【犯人は私だけが知っている Vol.4】

車の傷、どう責任をとる? 4人のママたちの結論は…【犯人は私だけが知っている Vol.4】


この漫画は書籍『犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜』(著者:ゆむい)の内容から一部を掲載しています(全12話)。

■これまでのあらすじ
ママたちが話に花を咲かせている間、子どもたちはイタズラをしていて…。急いで様子を見に行くと、そこには落書きされた車が。車に被っていたホコリの上を指などでなぞって落書きをしたようなのですが、よく見ると傷らしきものを発見。元々あった傷かもしれないけども、状況的に子どもたちが付けてしまった可能性もゼロではない…。すると、さくらがライムが手に石を持っていることに気づき、一同ライムが犯人なのでは…という空気になってしまったのでした。






誰がやったとか犯人捜しをするのではなく、話に夢中になって子どもたちから目を離した親が悪い、この場にいるママたち全員の責任ということでみんな同意しました。

車の持ち主に謝罪するため、全員で協力することになったのですが、もし車の傷が子どもたちが付けたものだった場合、弁償しなければならないのかという話になって…。

とんでもないトラブルを起こしてしまったのだとその場にいた全員が痛感するのでした。


『犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜』
著者:ゆむい (KADOKAWA) 
書籍「犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜」はこちら

仲良しだと思っていたママ友から自分の子どもが犯人だと疑わてしまったら…? 子どものトラブルが原因で崩れていく4人のママたち。不可解な出来事や噂に翻弄され疑心暗鬼に陥っていく…、本当の犯人は誰なのか?


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ