ホーム エンタメ > 「なんだこれー!」愛車の傷にショックを受ける持ち主…謝罪は受け入れられるのか?【犯人は私だけが知っている Vol.6】

「なんだこれー!」愛車の傷にショックを受ける持ち主…謝罪は受け入れられるのか?【犯人は私だけが知っている Vol.6】


この漫画は書籍『犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜』(著者:ゆむい)の内容から一部を掲載しています(全12話)。

■これまでのあらすじ
同じ幼稚園のバス停を利用するママたちが、いつものように話に盛り上がる中、子どもたちが車に落書きをしたと聞き確認すると、車に傷を発見…。車の所有者が同じ社宅に住む小森という人だと分かり、自宅に伺うことにした4人。そこに、れいの夫・りょうも一緒に同行してくれることになるのですが、社宅住まいでない雪田家の事情をあまり知らないため、りょうについては謎だらけ…。そもそも、れいも物静かであまり自分を語らず、それについてみんなもこれまで深く突っ込まないでいたのでした。








車の持ち主の小森さんの自宅を訪問したさくらたち。突然やってきたさくらたちから、ことの経緯を説明された小森さんは、クルマに傷があると聞いて驚愕。すぐに駐車場へ確認しに行き、車の状態を目の当たりにしてショックを受けます。傷は元々なかったものらしく、やっぱり子どもたちが…と思ったさくらたちは、深く謝罪するのでした。

幸いにも小森さんからは「大事にはしない」と言ってもらえ、警察と保険屋に任せることになったのでした。


『犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜』
著者:ゆむい (KADOKAWA) 
書籍「犯人は私だけが知っている〜母たちは静観する〜」はこちら

仲良しだと思っていたママ友から自分の子どもが犯人だと疑わてしまったら…? 子どものトラブルが原因で崩れていく4人のママたち。不可解な出来事や噂に翻弄され疑心暗鬼に陥っていく…、本当の犯人は誰なのか?


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ