ホーム エンタメ > 「文句あるなら食うな」料理に口出しする夫に妻がブチ切れ!【嫁のメシがマズすぎる 別れたほうがいいですか? Vol.6】

「文句あるなら食うな」料理に口出しする夫に妻がブチ切れ!【嫁のメシがマズすぎる 別れたほうがいいですか? Vol.6】


この漫画は書籍『嫁のメシがマズすぎる 別れたほうがいいですか?』(著者:土井真希)の内容から一部を掲載しています(全9話)。

■これまでのあらすじ
家事を分担する話になり、カナが料理担当となってしまうのですが、とりあえず土日だけのことだと我慢することにしたタケル。いずれ料理は上達していくだろうと楽観的に考えていたのですが、いつまで経っても料理が上達する様子もなく、安定的にマズい料理を出し続けるカナ。しかし、仕事で悩んでいる様子のカナを見ているため、タケルはご飯がマズいなんて言えるはずもなかったのでした。タケルが料理を作ろうかと提案しても、カナは自分がやるからと断り、状況を変えることができないままなのでした。






カナは料理の味つけがめちゃくちゃで、塩分過多で体調に不安を感じたタケルは、カナに塩分を控え目にしてはどうかと提案するのですが、それがカナの逆鱗に触れたのか「文句あるなら食うな」とブチ切れられてしまうのでした。

それ以降は、さらにマズいと言い出すことができなくなったタケルは、ひたすら土日を耐え忍ぶ日々を送るしかなかったのでした。



『嫁のメシがマズすぎる 別れたほうがいいですか?』

著者:土井真希 (KADOKAWA) 
書籍「嫁のメシがマズすぎる 別れたほうがいいですか?」はこちら

新入社員のタケルは、同じ会社の先輩のカナに一目ぼれし、猛アタックの末に結婚。甘い新婚生活も、初めてカナが振舞った手料理を食べることで一変。この日以降、タケルはカナの手料理のせいで地獄のような生活を送ることになるのでした。


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ