ホーム ダイエット・ボディケア > ハリのある胸が作れる!?覚えておきたいバストUPマッサージ

ハリのある胸が作れる!?覚えておきたいバストUPマッサージ

バストアップしたいときにおすすめなのがマッサージです。どのような手順で行えばよいのか、さっそく見ていきましょう。

押さえておきたい基本のマッサージ

バストアップしたいときに効果的だといわれているのがマッサージをすることです。まずは、基本的なバストアップマッサージの方法についてご紹介します。

・外から内へ

まずは、脇の下から乳房の上へとデコルテの部分をマッサージします。小さな円を描くようにクルクルと優しく、そしてゆっくりとさすります。これを3回繰り返してください。

・下から上へ

アンダーバストにそれぞれの手を添えて、手のひらで包むようにゆっくりとバストを持ち上げます。これを3回繰り返してください。

・サイドから寄せ集めて

手をクロスするイメージで脇の下に反対の手を入れ、背中や脇の肉をバストに寄せ集めるようにマッサージします。真横ではなく、斜め上にゆっくり寄せていくイメージで行います。これを3回繰り返してください。

引用:スキンケア大学

乳腺を刺激するのも効果アリ?

乳腺を刺激することで乳腺周りの脂肪が大きくなるため、バストアップ効果が期待できるといわれています。

左手を右のワキの下にあて、右のバストの下を通って谷間を撫で上げ、左のデコルテまで指を滑らせます。反対側も同じようにマッサージします。右乳房の上に左手を置いて、右胸の下に右手を置いて、左手は右のワキに向かって、右手は谷間の中心に向かって撫でるようにマッサージします。両手が乳房の周りで円を描くような状態になります。左も同じように行います。

引用:スキンケア大学

こちらのマッサージをゆっくり10回ずつ、毎日行うようにしましょう。

バストマッサージのコツ

バストマッサージの効果を高めるためにはコツがあります。以下のポイントを意識してマッサージしましょう。

バストマッサージを行うときは、力を入れすぎないようにします。力を入れすぎると、クーパー靭帯への刺激が強くなり、クーパー靭帯が伸びてしまう可能性があります。また、皮膚への刺激が強すぎないよう、指をなめらかに滑らせるという意味で、バストマッサージを行う際は、オイルやクリームを使用するとよいでしょう。

引用:スキンケア大学

コツを抑えて効率よくマッサージしよう

バストアップ効果を高めようとして必要以上に力を入れてしまうと逆効果になるおそれがあります。やさしくマッサージするよう心がけましょう。マッサージを行うタイミングは、体が温まっている入浴中やお風呂上がりがおすすめです。

シェア Google+

関連記事

P R