ホーム ダイエット・ボディケア > 過食のメカニズムを知って、ストレス太りを解消しよう

過食のメカニズムを知って、ストレス太りを解消しよう

ストレスが溜まると食べ過ぎる、ストレス太りを経験した人は多いことと思います。その結果、ダイエット中なのにリバウンドしてしまうことも。過食のメカニズムを知って、賢く食欲をコントロールしましょう。

ストレスがあると食欲が増す不思議

ストレスが溜まると食欲が増すことがありますが、せっかくダイエットしても挫折することにもなりかねません。原因は食べることで精神的に安定するためで、女性の方が食事量が増えるという調査結果もあるのです。

ストレスが溜まっているときに食べ物が欲しくなるのは、実は脳のメカニズムとしては当然のことです。食事には情緒を安定させる効果があるためです。しかも、ダイエットには逆効果となるような高カロリーの食べ物ほど、強い精神安定効果があるのです。

引用:ヘルスケア大学

太りやすい食べ物に鎮静効果が

困ったことに高カロリーのものほど食べたくなるのは、炭水化物が心を鎮め、糖分は脳を活性化するという働きがあるため。たとえ少しずつでも摂り続けていると、いつの間にかストレス太りしてしまいます。

たとえば炭水化物には鎮静効果があり、糖分には脳の働きを活性化させる作用があります。肉類の摂取量が少ないと、精神を安定させる脳内麻薬であるセロトニンの量が減ってしまいます。ですから、ストレス解消を目的としてこれらの食品に手が伸びるのは、いわば脳の防衛本能のようなものです。

引用:ヘルスケア大学

ストレス太りのリバウンドにご注意を

ストレス太りに陥ると、ダイエットしてもストレスが溜まり、つい食べてしまうことでリバウンドしてしまいがち。こうした繰り返しで痩せにくくなってしまい、悪循環から抜け出しにくくなるのです。

ところが、これがなかなか厄介なのです。なぜなら、ストレスのせいで手を出していた食べ物は、いずれも精神の安定のために必要なものばかりだからです。炭水化物や糖分を極端に制限すると、脳に必要な栄養が不足してしまい、またストレスの原因となります。そこで衝動的に甘いものや油っこいものに手を出してしまったら、一向に痩せることはできません。

引用:ヘルスケア大学

質のよい睡眠や運動でコントロールを

ストレス太りから抜け出すには、ストレスを発散する方法を見つけておくこと、不規則な生活を正して自律神経のバランスを整えることが大切です。また、運動をしてカロリーの燃焼を促進し、精神を安定させましょう。

シェア Google+

関連記事

P R