ホーム 新商品情報 > 消したら集まれ! -- 滋賀県立大学...

消したら集まれ! -- 滋賀県立大学が5月14〜18日まで共通講義棟省エネ推進「カフェプロジェクト」を実施

滋賀県立大学

2018/05/14 14:05



滋賀県立大学(滋賀県彦根市)では5月14日(月)〜18日(金)まで、省エネ推進キャンペーン「カフェプロジェクト」を実施する。これは、学舎エネルギー使用量削減のための新たな取り組みとして、学生団体・後援会・生活協同組合・事務局の4者が協働して行うもの。照明や冷暖房の消し忘れが見られる共通講義棟で、カフェのような「集まりたくなる」場所をつくり、授業が終わったらスイッチを切って学生ホールに集まってもらうことをねらいとしている。




 滋賀県立大学の中心に位置する共通講義棟では、各学部すべての学生が幅広く学習する場として授業が行われているが、授業が行われていない講義室の照明・冷暖房の消し忘れや少人数での利用など、エネルギーの浪費が散見されている。
 こうした中、同大では5月14日(月)〜18日(金)まで、省エネ推進キャンペーン「カフェプロジェクト」を実施。学生ホールで挽きたてコーヒーを50円で提供し、カフェのような「集まりたくなる」場所をつくることで省エネ行動基準を周知・推進する。
 このプロジェクトは、照明や空調の消し忘れを防止し、コンパクトに施設を利用するための共通講義棟省エネ行動基準「消したら集まる」(授業が終わったらスイッチを切り、エネルギーを必要とする部屋を集約する)を浸透させることを目標として行われるもの。今回のキャンペーンの取り組み結果を検証し、引き続き省エネにつながる取り組みを推進していく。概要は下記の通り。

◆共通講義棟省エネ推進「カフェプロジェクト」
【期 間】 5月14日(月)〜5月18日(金)
【場 所】 滋賀県立大学学生ホール(A2棟1階)
【時 間】 各日9:00〜17:00
【内 容】
●挽きたて50円コーヒーの提供による周知
 ・行動基準の印字されたコーヒーカップで提供
 ・コーヒー提供場所での周知DVDの上映
●利用の少なかった学生ホールのリニューアル
 ・学生団体による観葉植物等の設置
 ・事務局による既設設備のリフレッシュ
【目 標】
 省エネのための行動を具体的に示し、「誰かが行う省エネ」から「みんなと一緒に自らも行う省エネ」へ意識と行動の切り替えを目指す。

○滋賀県立大学ホームページ
 http://www.usp.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
滋賀県立大学 財務課
塚本・日比
住所:滋賀県彦根市八坂町2500
TEL:0749-28-8207
FAX:0749-28-8471


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/


DigitalPRPlatform
シェア Google+

おすすめコンテンツ


注目★トピックス


P R