ホーム 新商品情報 > 月亭方正が人に伝えるテクニックを...

月亭方正が人に伝えるテクニックを伝授 「落語家に学ぶ!就活対策講座」を開催

東京理科大学

2019/02/08 14:05



2/7(木)、月亭方正氏を講師に迎え、東京理科大学神楽坂キャンパスで「落語家に学ぶ!就活対策講座」の第1回目が開催され、23名の学生が受講しました。
落語は遠い昔から変わらない人間の本質を表現しており、人生の処世術なども学べる。また、高座にのぼるにあたり、緊張の収め方なども身につく。ここで学んだことは就活や将来にも生かせるので、みなさん一緒にがんばりましょう、と月亭方正氏は学生にメッセージを送りました。




 受講した理学部第二部化学科の女子学生は「自分自身の就活や日々の生活の中に、落語が重なり、考えさせられた」、理学部第一部数学科の男子学生は「教員を目指しているが、人に伝えることは教員にも落語にも通じること。ここでの学びを将来に活かしていきたい」と意気込みを語ってくれました。

 本講座は、東京理科大学と株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーが、就活に臨む学生を対象に6回にわたり開催しています。就活に臨む学生が「落語」について学び、自ら実践する中でプレゼン力やコミュニケーション力など、就活を乗り切るために必要な様々な力を磨くことを目指しています。全6回の講座において参加者は落語の基本的なスキルを学び、最終的に人前でパフォーマンスを行うことを目標としています。落語という話芸には、就活に臨む学生にとって応用可能な知恵が数多く内在しています。人に情報を伝えるためのテクニックや観客を味方につけるための力など、高度で複合的・総合的な話力をプロの落語家である月亭方正氏が伝授します。ファシリテーターは、本学教職教育センター教員の井藤元が務めます。

*実施日程(全6回 / 授業内容は変更になる場合がございます)
○第1回(2月7日(木)10時30分から12時00分) 森戸記念館2階第1会議室
  落語を学ぶ意義
○第2回(2月14日(木)10時30分から12時00分) 森戸記念館2階第1会議室
  なぜ同じ話をしているのにAさんの話は面白く、Bさんの話はつまらないのか
○番外編 月亭方正独演会 2月14日(木)14時〜 場所:有楽町よみうりホール
○第3回(2月21日(木)10時30分から12時00分) 森戸記念館2階第1会議室
  なりたい自分になる―人間関係について
○第4回(3月7日(木)10時30分から12時00分) 8号館5階852教室
  落語の道徳論―生き方のコツを身につける ※講座終了後、囲み取材を実施
○第5回(3月14日(木)10時30分から12時00分) 8号館5階852教室
  本当の実力を身につけるために―優れた先達から学ぶ
○第6回(3月28日(木)10時30分から12時00分) 森戸記念館2階第1会議室
  落語発表会

 当日は報道関係の皆様に教室を開放しております。取材いただける場合には、諸準備の都合上、授業日前日までに、東京理科大学広報部広報課(tel.03-5228-8107)宛てにご連絡くださいますようお願いいたします。なお、3月7日は、講座後、講師およびファシリテーターへの囲み取材を行わせていただきますのでご参加いただけると幸いです。

本件に係るプレスリリース(2019.01.25)
 https://www.u-presscenter.jp/2019/01/post-40876.html

▼本件に関する問い合わせ先
東京理科大学 広報部広報課
三宅/甚田
住所:東京都新宿区神楽坂1-3
TEL:03-5228-8107
メール:koho@admin.tus.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/


DigitalPRPlatform
シェア Google+

おすすめコンテンツ


注目★トピックス


P R