ホーム 新商品情報 > 成城大学生が選んだ「2020年度ベス...

成城大学生が選んだ「2020年度ベストティーチャー」

成城大学

2020/07/31 20:05



優れた教育者の功績をたたえる「ベストティーチャー表彰式」を開催いたしました




  成城大学(東京都世田谷区 学長:戸部 順一)は、「成城大学ベストティーチャー」の表彰式を、2020年7月29日(水)学内にて行いました。
 本学では昨年度より、学生が回答する「授業改善アンケート」の結果をもとに、優れた教育及び教育改革を先導している教員を表彰する「成城大学ベストティーチャー賞」を創設しています。
 第2回目となる本年度も、16名の教員がベストティーチャーとして選出されました。受賞教員は皆共通して、学習者を中心に考え、学ぶことの楽しさや面白さを実感させる授業づくりの工夫を行っております。
 *表彰式の様子は大学ホームページに公開しています。



 「授業改善アンケート」では項目IIの設問9「この分野への興味・関心が引き起こされた」及び設問10「この授業は総合的に判断して自分にとって有意義だった」において「教員が学生を積極的に授業に参加させていた」といった点が高く評価されています。
 また、身につく資質・能力等については、「この分野の知識、学力」「課題発見力」「プレゼンテーション能力」「柔軟な発想力」「俯瞰力」が身についたと考えているようです。

◆小規模部門1(10〜19名)◆ (五十音順)
 教職員       授業科目名                  開設学部  
 武田 礼子先生   Academic Skills IIIB<English Writing>       全学共通教育(国際センター)  
 都築 則幸先生   国語科教育実習(高)             全学共通教育  
 露崎 浄 先生   書道                     全学共通教育  
 中井 良則先生   時事問題研究                 全学共通教育(キャリアセンター)  
 J.フランシス先生  Basic Communicative English (1)a      経済学部

◆小規模部門2(20〜49名)◆(五十音順) 
 教職員       授業科目名                  開設学部   
 池田 一彦先生   近代文入門                  文芸学部  
 内田 真人先生   社会イノベーション特殊演習          社会イノベーション学部            
           日本経済論                  社会イノベーション学部  
 深澤 晶久先生   キャリア形成II<リーダーシップ>         全学共通教育(キャリアセンター)
 山下 達也先生   道徳教育の指導法               全学共通教育

◆中規模部門(50〜79名)◆ (五十音順) 
 教職員       授業科目名                  開設学部
 遠藤 健哉先生   組織論                    社会イノベーション学部
 及川 祥平先生   文化史概論IIa                   文芸学部  
 新倉 貴仁先生   マスコミ史                  文芸学部

◆大規模部門(80名以上)◆ (五十音順)
 教職員       授業科目名                   開設学部  
 遠藤 健哉先生    戦略論                    社会イノベーション学部
 都築 幸恵先生    異文化間心理学                社会イノベーション学部
            パーソナリティ心理学             社会イノベーション学部
 中村 理香先生    総合講座I〈多角的にジェンダーを考える〉   全学共通教育

【選考方法】
(1) 前年度に実施された授業改善アンケートの結果より、アンケートの回答率並びに項目IIの設問9「この分野への興味・関心が引き起こされた」及び設問10「この授業は総合的に判断して自分にとって有意義だった」の評点を基準に、教育イノベーション委員会において決定する。
(2) 授業改善アンケートの回答者数が10名未満または回答率が60%未満の授業科目は選考から除外する。
(3) 授業改善アンケートの設問の評点については、設問10を70%、設問9を30%として、ウェイトをかけて算出する。
(4) 前項の基準で同点者が出た場合は、授業改善アンケートの項目III(授業で用いられた授業手法について)及び項目IV(授業を通じて身についた資質・ 能力について)のマーク結果及び自由記述欄並びにシラバス、教育方法の工夫・改善等も含めて選考を行う。
(5) 授業改善アンケートの回答者数を基準に以下の4部門に分け、部門ごとに選考する。
 小規模部門1(10〜19名)小規模部門2(20〜49名)
 中規模部門 (50〜79名) 大規模部門 (80名以上)
*部門を超えて同一の教員に授与することも可能とする。

【対象者】
・ 本学で開講される授業科目(ゼミナール、スポーツ・ウエルネス実技科目及び大学院開設科目等は対象から除外)を担当する本学専任教員および非常勤講師を対象とする。
・ 表彰が行われる年度及びその前年度において、本学で開講される授業科目を担当している者を対象とする。

【人 数】
 16名(小規模部門1:5名、小規模部門2:5名、中規模部門:3名、大規模部門:3名)



【訂正】 池田一彦先生の授業科目「近代入門」は、正しくは「近代文入門」でした。(2020/08/03 15:10)

▼本件に関する問い合わせ先
成城学園企画広報部 企画広報課
住所:東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1092
メール:kikaku@seijo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/


DigitalPRPlatform
シェア

おすすめコンテンツ


注目★トピックス


P R