ホーム 旅行・おでかけ > 東京ディズニーシー、初“七夕プログラム”がスタート

東京ディズニーシー、初“七夕プログラム”がスタート

東京ディズニーシー、初“七夕プログラム”がスタート!/(C)Disney

[拡大写真]

東京ディズニーシー、初“七夕プログラム”がスタート!/(C)Disney
 東京ディズニーシー(TDS)で24日、初の七夕プログラム「ディズニー七夕デイズ」がスタートした。東京ディズニーランド(TDL)では1997年より開催してきた恒例の“七夕プログラム”だが、TDSでは初となる。

 TDSのニューヨークエリアに“ウィッシングプレイス”が登場。ゲストは浴衣姿のキャストが配るミッキーマウスをかたどった 短冊(ウィッシングカード)に願い事を書き込み、思いを込めながらウィッシングプレイスに結びつけていた。ミッキーマウスやミニーマウス、ダッフィーなどディズニーの仲間たちが書いた短冊も飾られており、どんな願い事が書かれているか探すのも楽しみのひとつとなっている。

 そのほかにも、“七夕”をイメージした吹き流しが施された船からディズニーの仲間たちがゲストに挨拶する「七夕グリーティング」を実施。ミッキー、ミニー、ダッフィー、シェリーメイが七夕のコスチュームで登場し、ゲストを楽しませた。

 TDLにも、ワールドバザールの中央にミッキーをかたどった吹き流しが飾られた、約11メートルものウィッシングプレイスが登場。TDS同様に多くの願い事で埋め尽くされた。2つのパークの和食レストランで期間限定メニューを展開するほか、スペシャルグッズも販売。両パークで“七夕”ならではの雰囲気を楽しめるプログラムとなっている。

 「ディズニー七夕デイズ」は24日から7月7日までの14日間、期間限定で開催。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R