ホーム エンタメ > 松雪泰子、朝ドラヒロインの母役に充実感「今までにない人物像だった」

松雪泰子、朝ドラヒロインの母役に充実感「今までにない人物像だった」

『ジュエリー業界が選ぶ 第6回ウーマン・オブ・ザ・イヤー』を受賞した松雪泰子=ジャパンジュエリーフェア2018(JJF2018)』 表彰式(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『ジュエリー業界が選ぶ 第6回ウーマン・オブ・ザ・イヤー』を受賞した松雪泰子=ジャパンジュエリーフェア2018(JJF2018)』 表彰式(C)ORICON NewS inc.
 女優の松雪泰子が、『ジュエリー業界が選ぶ 第6回ウーマン・オブ・ザ・イヤー』を受賞し29日、東京ビッグサイトで開催中のジュエリー業界の国際展示会『ジャパンジュエリーフェア2018(JJF2018)』の会場内で行われた表彰式に出席。NHK・連続テレビ小説『半分、青い。』で、永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛の母親を演じているが「朝ドラでのチャーミングなお母さん役は、とてもやりがいがありました」と声を弾ませた。

 役作りについては「今まで演じてきたキャラクターにないタイプの人物像だったので、北川(悦吏子)さんの書いていらっしゃるユーモアなどをどこまで忠実に体現できるのかと思いながら、やりました」と回想。「出演者がみんなステキな朗らかな明るい方たちばっかりで、とってもいい空気だったので、それに乗っかって演じていたという感じでした。最後まで見守っていただければ」と笑顔で呼びかけた。

 この日の表彰式には、3億456万円のイタリアの名門「ピキョッティ」のルビー・ダイヤモンドネックレスを身につけて登場。国内最高峰の豪華ジュエリーに「こんなステキな賞をいただきまして光栄です。人生でこのようなすばらしいハイジュエリーをつけるのは2度とないんじゃないかなというくらい、華やかですが、すごく身が引き締まる思いがします」と喜びをかみしめていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R