ホーム グルメ > 日本ブランド初 『キリン一番搾り』をビールの本場・ドイツで製造

日本ブランド初 『キリン一番搾り』をビールの本場・ドイツで製造

欧州大陸向け商品がドイツで製造されることになった『キリン一番搾り生ビール』 

[拡大写真]

欧州大陸向け商品がドイツで製造されることになった『キリン一番搾り生ビール』 
■その他の写真ニュースはこちら

 キリンホールディングスは3日、『キリン一番搾り生ビール』の欧州大陸向け商品『KIRIN ICHIBAN』を、今年10月よりドイツで製造すると発表した。ドイツには16世紀に制定され現在でも守られている「ビール純粋令」があり、原料について厳しく定められているが、同ブランドは日本国内で2009年3月にフルリニューアルしたことで、同国での製造が可能に。日本のビールブランドがドイツで製造されるのは初めて。

 『KIRIN ICHIBAN』が製造されるのは、ミュンヘン郊外のフライジング市にある世界最古のビール醸造所・ヴァイエンシュテハン醸造所。ここで作られた商品は、欧州23ヶ国で販売される。これまではロシアとイギリスで委託製造していたが、製造拠点を移転することで「より鮮度の高い商品を欧州大陸に届けることが可能になるほか、物流距離の大幅な短縮による環境負荷の軽減にもつながる」(同社)とし、欧州大陸での“プレミアムビール”ブランドとしての地位確立を狙う。

 世界最古の食品関連の法律といわれる「ビール純粋令」は、1516年にバイエルン王のヴィルヘルム4世がビールの品質向上や小麦の使用制限などを目的に制定したもの。「ビールは大麦、ホップ、水のみを原料とする」と定め、のちに酵母も加わるものの、現在でもこの法律はドイツ全土で守られている。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R