ホーム プレスリリース > 創作展「水 塩 米 酒」特別企画講演...

創作展「水 塩 米 酒」特別企画講演 東京編を12月21日、渋谷ヒカリエにて開催

公益社団法人日本パッケージデザイン協会

2023/12/06 13:17

林 綾野氏(キュレイター・アートライター) 浮世絵の中にみつける江戸の食 嗜好・広告・包装 【東京編】江戸で生まれた「蕎麦 すし 天麩羅」

公益社団法人日本パッケージデザイン協会(理事長:小川 亮、略称:JPDA)は、創作展「水 塩 米 酒」の開催を記念して、特別企画講演を実施します。 庶民の文化が花開いた江戸時代。蕎麦やすし、天ぷらなど、江戸ならではの食文化も生まれました。浮世絵にも、白玉を嬉しそうにすくう女性、蕎麦を勢いよく食べる男性など、食にまつわるシーンが時おり描かれています。本講座では「水・塩・米・酒」をキーワードにしながら浮世絵に登場する食の場面に着目。浮世絵を見ながら、当時の食事情、愛された銘酒、東海道の旅に登場する名物料理など、多彩な江戸の食文化をひもときます。 東京編の講演テーマは、江戸で生まれた「蕎麦 すし 天麩羅」です。



開催日:2023年12月21日(木)18:30-20:30(受付18:00-)
料金:創作展作品出品者・JPDA会員・学生 2,000円(税込)/ 一般 3,000円(税込)
会場:渋谷ヒカリエ 8/COURT
申込期限:2023年12月20日(水)23:59

【講師】林 綾野氏 キュレイター・アートライター
美術館での展覧会企画、絵画鑑賞のワークショップ、美術書の企画や執筆を手がける。 画家の創作への想いや食の趣向などを研究、紹介し、美術鑑賞をより身近なのとして提案する。著書『フェルメールの食卓』『モネ 庭とレシピ』、『ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ』(講談社)、『浮世絵に見る江戸の食卓』( 美術出版社)など。2021 年 1 月より全国巡回展「堀内誠一 絵の世界」を企画制作。近年手がけた展覧会に「安野光雅展」「谷川俊太郎絵本百貨展」「柚木沙弥郎 life・LIFE」「おいしい浮世絵展」などがある。

12月16日開催の【京都編】とは別内容です。
参加ご希望の方は下記JPDAサイトよりお申込ください。
https://activity.jpda.or.jp/seminar_event/4025.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

Facebook

おすすめコンテンツ


注目★トピックス


P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ