ホーム ダイエット・ボディケア > 【美ボディ大会】「ナンパされるように…」5キロ減量の栄養士がボディメイクでモテ期到来「ウエストからお尻のくびれカーブが自慢」

【美ボディ大会】「ナンパされるように…」5キロ減量の栄養士がボディメイクでモテ期到来「ウエストからお尻のくびれカーブが自慢」

 先ごろ、健康的な肉体美を競うボディコンテスト『サマー・スタイル・アワード(SSA)』の東京予選が開催された。女性らしい優雅さバランスのとれたスタイルを審査する「ビキニモデル」部門に出場した栄養士の小田切美樹さん(27)は、3ヶ月で5キロの減量に成功し、「モテるようになった」と笑顔を見せる。

1 2 >

「身体のラインがキレイになった」と女性から褒められる

――トレーニングをはじめたきっかけは?

小田切美樹さん 最初はダイエット目的だったのですが、トレーニングをはじめてみたらハマっていきました。趣味がなにもなくて、打ち込めることが欲しいと思っていました。一昨年からスポーツジムでトレーナーに指導してもらっています。

――コンテストに出場しようと思ったのは?

小田切美樹さん トレーナーとジムの仲間に勧められたのと、やっぱりボディメイクをしていくうえで目標を持ちたいと思ってコンテスト出場を決めました。ダイエットをしていた頃は、あまり体重を気にしていなかったんですが、コンテスト出場に向けてトレーニングをはじめてからは、3ヶ月で約5キロの減量に成功しました。

――ダイエットをしていたのは、コンプレックスがあったからなのでしょうか?

小田切美樹さん 特にコンプレックスがあったわけではないのですが、やっぱり身体全体に筋肉がついていないので締まりがなくて。余計な脂肪を落としながら筋肉量を増やして、身体のラインをキレイにしたいと思いました。

――ボディメイクをはじめてから変わったことはありますか?

小田切美樹さん トレーニングで減量はしているんですけど、細いだけでなく、身体全体にいい感じの厚みがでてきました。「身体のラインがキレイになった」と女性から褒められます。

キラキラのビキニを着てステージに立ちたくて…鍛え上げたカラダを見てほしい

――周囲の反応や異性からの反響は?

小田切美樹さん たしかに男性から声をかけられることも多くなりました(笑)。いま彼氏はいないのですが、ナンパされたり、飲み会で話しかけられることも多くなった気がします。トレーニングをはじめる前より全然モテるようになりました(笑)。

――いまの自慢のボディパーツは?

小田切美樹さん ボリュームのあるお尻です。褒められることが多くて自信がつきました。ウエストからお尻のくびれのカーブが自慢です。いまは身体のコンプレックスも特にありません。トレーナーからはボディラインが整ってきていることや、ポージングが日々進化していると言われます。

――ステージに立って、たくさんの人にビキニ姿を見られることに恥ずかしさはありますか?

小田切美樹さん キラキラのビキニを着てステージに立ちたくてコンテストに出場しました。いままで努力をして鍛え上げてきたので、むしろ見てもらいたい。恥ずかしさはまったくないです。

――トレーニングでつらいことはないですか?

小田切美樹さん コンテストに向けて体重を調整しなくてはいけないときの減量がきついですね。食べることが好きなのに食事を制限しないといけないので。でも、同じようにコンテストに出ている人たちと話をしたり、SNSでいろんな方のトレーニング姿を見て、自分もがんばろうとモチベーションを高めています。トレーナーさんやコンテストで出会った多くの友人たちから、いつも力をもらっています。

――この先の目標は?

小田切美樹さん これからもコンテストにたくさん出場して1位を狙いたいです。トレーニングはボディラインをキレイに保つだけでなく、健康にも役立っていますし、なにより精神的にもプラスになっています。これからもずっと続けていきたいです。

(文/武井保之 写真/片山よしお)

1 2 >

  an an「いいもの大賞」受賞、2020年トレンドダイエットランキング10冠達成、お客様満足度97.9% 細いだけじゃない 履くほどに魅せる脚に! BELMISE Slim Tights(ベルミス スリム タイツ)

期間限定キャンペーン中 詳しくはこちら

シェア

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)