ホーム ダイエット・ボディケア > 【美ボディ大会】「妊娠中70キロあった私が…」産後ダイエットで約20キロ減量した3児の母「キレイになったと言われるようになった」

【美ボディ大会】「妊娠中70キロあった私が…」産後ダイエットで約20キロ減量した3児の母「キレイになったと言われるようになった」

 先ごろ、筋肉だけではない健康的なボディの美しさ競うコンテスト『ベストボディ・ジャパン(BBJ) 2021関東大会』が開催された。レディースクラス(30歳〜39歳)に出場したマシンピラティスのインストラクター大澤麻菜さん(35)は、3児の母とは思えない美しく鍛え上げた肉体を披露した。産後ダイエットをきっかけに、ピラティスにハマり、約20キロの減量に成功。トレーニングを続ける秘訣や心の変化について聞いた。

ずっと痩せられなかったお腹周りを変えることができて、自信につながった

――トレーニングを始めたきっかけを教えてください。

大澤麻菜さん 子どもが3人いるのですが、産後の身体の不調とたるみがすごくて…。それを改善するために、ピラティスを始めました。

――産後ダイエットをしたのでしょうか?

大澤麻菜さん そうですね。いろいろ挑戦したのですが、なかなか思うように痩せなくて…。産後のお腹は、脂肪も皮もすごくて…本当にお肉が落ちなかったです。

――トレーニング歴はどのくらいですか?

大澤麻菜さん ピラティスをはじめとしたトレーニングは2〜3年ほどです。今回『BBJ』の出場を決めて、本格的にトレーニングを始めたのが、今年1月からです。

――トレーニングを始めて、どのくらい痩せたのでしょうか?

大澤麻菜さん 妊娠中の最高体重は70キロありました。52キロまで痩せたので、今よりも18キロ重かったです。ずっと痩せられなかったお腹周りを変えることができたのは、自分にとっても自信につながりました。

――大会に出場しようと思ったきっかけを教えてください。

大澤麻菜さん (自分が働いている)マシンピラティスのスタジオのオーナーに誘われたことがきっかけです。毎年この大会にはスタジオのインストラクターが出場しているのですが、「今年は、麻菜さん行こう!(大会に出てみよう)」と指名されました(笑)。

――それは断れないですね。今回が初出場なのでしょうか?

大澤麻菜さん はい、初めての出場になります。なので、とても緊張しました。

――トレーニングを始めてから周囲に言われてうれしかった言葉はありますか?

大澤麻菜さん 単純ですが「キレイになったね」と言われることが、素直に嬉しいです。

トレーニングを続けられたのも、職場の仲間がいることが大きかった

――食事制限やトレーニングを続ける秘訣は?

大澤麻菜さん 私の場合は、スタジオのインストラクター仲間がいるというのが大きかったです。同じ食事をして同じような生活を送っているので、一緒に頑張ろうと思えたし、続けることができたのだと思います。そういう意味でも環境は重要かもしれません。

――ボディメイクを通して心境の変化はありますか?

大澤麻菜さん ありました。身体を自分の意思でコントロールできるようになったことで、どんな物事に対しても「やってみようかな」と前向きに捉えられるようになった気がします。だからこそ、スタジオのオーナーに「今年は、麻菜さん行こう!」と言われた時も、素直にチャレンジしてみようと考えられたんだと思います。

――大会出場にあたり、周囲からどんな言葉をかけられましたか?

大澤麻菜さん 「痩せたね」や「仕上がってきたね」と、身体の変化を褒めてくれます。そういう言葉をもらうと純粋にうれしいし、トレーニングって楽しいなと思えて、前向きに頑張れます。

(文/地原緑 写真/片山よしお)

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ