ホーム ダイエット・ボディケア > 【美ボディ大会】「くびれからお尻のラインが自慢」ボディメイクで男性から一目置かれるように「マッチョイケメンの仲間が増えた」

【美ボディ大会】「くびれからお尻のラインが自慢」ボディメイクで男性から一目置かれるように「マッチョイケメンの仲間が増えた」

「誰もがスター、輝けるコンテスト」をコンセプトに韓国で始まり、コンテスト未経験者でも気軽に挑戦できるコンテストとして人気を集める 『FITNESSSTAR JAPAN』の東京大会が7月24日、東京・江戸川区総合文化センター大ホールで開催された。「ウィメンズフィットネスモデル」と「ビキニモデル」部門に出場したパーソナルトレーナーの日置玲奈さん(32)は、鍛え上げられた美しい身体を披露した。

人生で最大に太っていた…今では腰のくびれからお尻のラインが自慢

――トレーニングを始めたのはいつ頃ですか?

日置玲奈さん 6年前に、ダイエット目的で始めました。体重は変わらないのですが、体脂肪率は10%くらい減りました。

――ダイエットをしようと思ったきっかけは?

日置玲奈さん あくまで見た目でのことですが、人生で最大に太っているなと思っていました。それまで運動をしたことがなかったので、「フィットネスジムに行くしかないかな…」と覚悟を決めてトレーニングを始めました。

――どのような部分を見て「太っている」と感じたのでしょう?

日置玲奈さん 「お腹が出ている」「脚が太い」「顔が丸い」など、全部が気になっちゃいました(笑)。

――そこからトレーニングで変化して、いま一番自信のあるパーツはどこですか?

日置玲奈さん 腰のくびれからお尻のラインにかけてですね。

――トレーニングを始めて、周りから言われて嬉しかった言葉を教えてください。

日置玲奈さん 「キレイになったね」「カッコいいね」という言葉をかけてくれて嬉しいです。

――異性からの視線が変わった、モテるようになったなどの変化もありますか?

日置玲奈さん 異性にモテるというよりは、トレーニングにのめり込みすぎて、男性から一目置かれるようになりました。カッコいいイケメンやマッチョイケメンのトレーニング仲間が増えたんですけど、一般男性からは、恋愛対象にならないみたいです…。

トレーニングを始めて身体よりも精神面が安定「異性とも対等な関係を築けた気がする」

――恋愛目的でトレーニングを始めたわけではないでしょうが、ちょっと残念ですね。

日置玲奈さん そうなんですよ。モテには繋がらなかったです(笑)。「(鍛えていて)すごいな!」と驚かれることはあります。でも、今までは私のことを男性が上から目線で見ていると感じることが多かったのですが、今は対等な関係を築けた気がします。

――トレーニングの魅力は?

日置玲奈さん 仲間が増えることだと思います。自分のお客さまも同僚もそうですが、周りが頑張っていると自分も頑張ろうと思えます。

――大会に出場しようと思ったきっかけは?

日置玲奈さん 韓国で開催された『FITNESSSTAR』を見に行ったことがあるのですが、演出も選手もカッコいい大会だなと思っていました。日本でも開催されることになり、出てみようと思いました。『FITNESSSTAR』は初めてですが、昨年『ベストボディジャパン』に出場しています。

――食事制限やトレーニングを続ける秘訣は?

日置玲奈さん トレーニングを続けることで、以前よりもキレイになった自分の姿を見ることですかね。

――憧れの人はいますか?

日置玲奈さん ヴィクトリアズ・シークレットのショーに出てくるモデルたちが大好きなので、彼女たちのようになりたいですね。

――ボディメイクやトレーニングを通して自身のなかでの変化はありますか?

日置玲奈さん 身体よりも精神面がすごく安定して強くなりました。

――トレーニングで自分を追い込むことで、いろいろなものを克服したからなのでしょうか?

日置玲奈さん 何かを克服したというよりは、栄養バランスを考えて食事をするようになり、食事と睡眠の質が上がったというのが大きいですね。それまで食事もぜんぜん気にしていなかったので(笑)。おかげで心身ともに健康になれた気がします。

(文/地原緑 写真/片山よしお)

1 2 >

シェア

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ