パワーアップして再上陸! 現代版『ティモテ』と「ティモテ洗い」を大特集!

<---------------------------------->

自然派がさらにパワーアップ 日本人の髪質に合わせた新商品

 『ティモテ』が1980年〜90年代に発売されていた当時、日本で“自然派コスメ”の価値を理解している人はごく一部でした。しかし今、日本は空前のオーガニックブーム。シャンプーも「ノンシリコーン」という新しい価値観が生まれています。そんな背景を受け、38年前の誕生時から植物由来の力に着目している同ブランドが日本に再び上陸。新たに発売される商品は、これまで以上に“自然の健やかさ”を取り入れてパワーアップしています。日本人の髪質に合わせて作られ、日本の工場で生産されているのも嬉しい限り。

 大きなポイントは欧州の第三者機関から認証されたオーガニックグリーンティーエキスとオーガニックシアバターを配合していること。共に保湿力があり、グリーンティーエキスには300以上の香気成分や、ポリフェノールが含まれていると言われます。レモンオイル、レモングラスオイルなどの天然エッセンシャルオイルも配合され、香りでのリラックス効果もバッチリ!

<---------------------------------->

▲ パワーアップして再上陸! 現代版『ティモテ』と「ティモテ洗い」を大特集! ページ TOPに戻る

<---------------------------------->
<---------------------------------->

北欧生まれの『ティモテ』、再上陸までのヒストリー

 日本人にとって、『ティモテ』といえば懐かしのブランド。再上陸の発表があった際も、「小学校のプールの授業の後、バスタオルを巻いてあのポーズをやった」というやんちゃなエピソードや、「好きな人が使っていたシャンプーで、香りが漂うとドキドキした」という甘酸っぱい思い出まで、さまざまな思い出話がSNSを駆け巡りました。

 そんな同ブランドは1975年にスウェーデンで誕生。ヨーロッパ原産のハーブ・ティモシーを使っている点が特長で、その後ヨーロッパの各国・地域で販売されるようになりました。日本に登場したのは1985年のこと。金髪の女性が登場するCMは、豊かな緑やサラサラなヘアスタイル、「♪ティモテ〜ティモテ〜」という印象的な楽曲が日本人のハートにヒット。当時のヘアケア製品の中ではやや割高な商品だったものの、一大ブームになりました。しかし、バブル経済が崩壊し景気が失速しはじめると同時に、ヘアケア製品も価格競争が激化。『ティモテ』もその波にのまれ、1994年に日本から撤退したのです。

○できごと…国際科学技術博覧会(科学万博つくば''85)開催 JT、NTT誕生 阪神21年ぶりに優勝 日航ジャンボ機墜落事故
○流行語…「イッキ!イッキ!」「私はコレで会社をやめました」、「金妻」
○オリコン年間シングルランキング…1位「ジュリアに傷心」チェッカーズ(70.2万枚)、2位「ミ・アモーレ」中森明菜 (63.0万枚)、3位「恋におちて−Fall in love−」小林明子(54.7万枚)

<---------------------------------->

▲ パワーアップして再上陸! 現代版『ティモテ』と「ティモテ洗い」を大特集! ページ TOPに戻る

<---------------------------------->
<---------------------------------->

あの女の子みたいに洗いたい! 現代版「ティモテ洗い」とは

 そんな『ティモテ ピュア』を試すなら、過去のCMにも登場した“横流しの洗い方”をしたい!と思っている人も多いはず。でもちょっと待った! 健やかな髪を保つには、洗い方は重要なのです。そこで、同ブランドが紹介している現代版の「ティモテ洗い」を、モデルの赤埴奈津子ちゃんに試してみてもらいました!

ティモテイメージ

----------------------------------

【シャンプー編】

1―濡らす前の髪をブラッシングして汚れや皮脂を浮き上がらせてからお湯で髪をすすぎます。その後。適量のシャンプーを手に取りますが、そのまま髪につけるのはNG。手のひらに広げ、軽く泡立てましょう。

2―頭皮に乗せたら、指の腹で額の生え際を指の腹でマッサージ。円を描くように行うのがポイントです。

3―指を小刻みに動かしながら、襟足や生え際から上に向かってもみ上げ洗い。頭皮に触れ、ジグザグに動かしながら、頭頂部を目指します。一通り洗い終わったら、お湯でしっかり洗い流します。

『ティモテ』の泡立ちすごい!

 最初に感じるのは『ティモテ』の優しい香り。柑橘系の爽やかさとレモングラスの香りがブレンドされていて、香りだけでもリフレッシュできます。また、驚いたのが泡立ちの良さ。ノンシリコンシャンプーはシャンプー中に髪がからまったり、キシんだりするイメージがありましたが、泡がへたれないのでスムーズに洗えます。洗い上がりもキシまずしっとりサッパリ♪

----------------------------------

【トリートメント編】

1―シャンプーをすすいだあと、髪の水気を切ります。ゴシゴシこするのは厳禁! 濡れた髪はデリケートなので、手のひらで軽く握って絞る程度にして。

2―トリートメントを適量手に伸ばし、まずは毛先を中心に塗布。手のひらで包み込むようにつけていくのがポイントです。

3―髪全体になじませたら、髪をなでるようにしてすすぎます。トリートメントのぬめりが取れるまで行うことが大切。終わった後のタオルドライも、髪を髪同士が摩擦でこすれないよう注意しましょう。

ティモテ〜♪ティモテ〜♪

 トリートメントも天然の良い香りが! “ティモテポーズ”はシャンプーじゃなくてトリートメントタイムが満喫できるポイントのようです。さぁ、存分に歌いましょう! 流し終わった髪はオーガニックグリーンティーエキスとオーガニックシアバターのパワーなのか、毛先までとてもしっとり。髪に元気が行き届いた感じ☆

----------------------------------

【マッサージ編】

スカルプケアに注目が集まる昨今、頭皮マッサージは自宅でも週に1回は行うようにしましょう。指のすべりをよくするためにも、シャンプーを使うとベター。マッサージ後、そのままシャンプーを行ってしまえば、さほど手間に感じないはず。

1―両耳を結んだラインから上の頭皮を、頭頂部に向かって地肌を押し上げるようにもみ上げます。この部分は重力で引っ張られて皮膚が硬くなりがち。指の腹で入念にマッサージしてほぐしましょう。

2―両側のこめかみと首の付け根部分の生え際を、45度の角度でマッサージ。両手の3本指を使って行うと良いでしょう。ここは大きな動脈が走る場所。もみほぐすことで、血行アップにつながります。

ティモテ〜♪ティモテ〜♪

<---------------------------------->

▲ パワーアップして再上陸! 現代版『ティモテ』と「ティモテ洗い」を大特集! ページ TOPに戻る

<---------------------------------->

役立つ&カワイイ 『ティモテ』ブランドサイト

アプリイメージ

癒しの世界&ためになる情報満載!

 そんな『ティモテ』の公式サイトは、さまざまな情報がいっぱい! 商品の特徴はもちろんのこと、懐かしいあの楽曲を使った最新CMも動画でチェックできるほか、ブランド紹介ページには懐かしいパッケージデザインの商品写真もたっぷり用意。以前愛用していた人も、今回の再上陸で初めて知った人も楽しめる内容になっています。新製品の詳細な説明や購入サイトへのリンク、“おすすめの洗い方”を紹介するコーナーもあり、製品のこだわりや意外と知られていないネタを知ることで、同ブランドへの愛着もどんどん湧いてきそう。

 そのほかにも、『北欧decoカメラ』や『北欧のおと箱』など、オリジナルの公式スマートフォンアプリなどのアクセサリーも用意。北欧テイスト溢れるデザインやユーモラスな素材が魅力です。

Timotei『ティモテ』公式サイト