TOP Beauty diet > News

ノンシリコン? シリコン? メーカーに聞いたそれぞれのシャンプーの長所

自分に合うシャンプーはノンシリコン?シリコン?

[拡大写真]

自分に合うシャンプーはノンシリコン?シリコン?
 ドラッグストアやバラエティショップでは、ノンシリコンシャンプーのコーナーができるほど人気を得ている。その一方で、“シリコン入りは髪や頭皮によくない”という情報が出回ったこともあり、消費者の間で混乱を招いているのも確かだ。本当のところはどうなのか? ノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプーの両方を販売している、ユニリーバ・ジャパンに話を聞いた。

◆ノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプーの目的は?

「もともとノンシリコンシャンプーにするか、シリコンシャンプーに するかは、 どういう製品を作るかという目的のもとに決められていて、シリコンはその目的に合わせて選ぶ素材のひとつだったんです」と話すのは、同社で商品開発を行っている仲由恵子さん。

 シリコン(正式にはシリコーン)はケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂。さまざまな分野で活用されおり、日焼け止めやファンデーション、洗い流さないトリートメント、ヘアワックスなどにも配合。シャンプーのシリコンばかり注目されているが、その後のトリートメントやスタイリング剤で使っていることも多いのだ。

◆自分に合うシャンプーはどっち?

 シャンプーにシリコンを配合する理由は、指通りをなめらかにすることで髪同士の摩擦で傷まないようにしたり、ドライヤーの熱から髪を保護するため。また、髪の毛が乾いた時には、ヘアスタイルをしなやかにまとめたり、ツヤを出す役割も担っている。ちなみに、シリコンが毛穴に詰まる、トリートメントの浸透を妨げるなどのウワサもあるが、そのような事が起こらないことは、同社の実験でも確認できているそう。

 一方のノンシリコンシャンプーはサラサラとした仕上がりに。コシのない髪で、すぐにボリュームがなくなってしまう人や、風になびく爽やかヘアを目指したい人に向いているという。また、サッパリとした洗い心地になるので、その爽快感を体感したい人はノンシリコンシャンプーを使ってみると良いだろう。

 ノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプー共に、選択肢が増えることは消費者にとって喜ばしいこと。自分の髪質、毛量、目的、志向などに合わせて“好きなシャンプー”を見つけてみては?


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube