セクシー女医・脇坂英理子の過激恋愛指南書

初の書籍『あざといGirl〜教えてRicoにゃん先生!ラブバナー73〜』(ワニブックス)を発売した、女医でタレントの脇坂英理子

[拡大写真]

初の書籍『あざといGirl〜教えてRicoにゃん先生!ラブバナー73〜』(ワニブックス)を発売した、女医でタレントの脇坂英理子
 ド派手なルックスとバラエティ番組等でのアケスケなトークで話題になっている、女医でタレントの脇坂英理子が手掛けた初の書籍『あざといGirl〜教えてRicoにゃん先生!ラブバナー73〜』(ワニブックス)が発売された。同著は「かわいさ」だけで勝負できなくなった妙齢女子に贈る、「あざとい」モテメソッド集がテーマ。ラブコミュニケーション術から“夜のお作法”まで、大人女子に向けた過激な恋愛指南書となっている。

 「なんと処女本!です。何年ぶりの処女でしょうか(笑)。モテテクが満載なので、お年頃の男女問わずぜひバイブルとして! お読み頂けたら幸いです」と脇坂医師らしい過激なコメントが寄せられている同著。「ナチュラルメイクでザコにモテても意味がない」「子宮がうずいたらやっとけ」…。女子会トークの後半に飛び出すような、セキララな女のホンネをアケスケに語る脇坂医師らしく、内容も期待を裏切らない過激さ。

 男から誘われる方法やセフレから昇格する方法などのほか、デリケートゾーンの臭い対策、ムダ毛の話などのセルフケア、かわいく見えるセックスの体位まで、恋に夢見る年頃を超えた大人女子向けならではの超実用的な情報がズラリ。『アラサ―ちゃん』の作者である峰なゆかさんも「若さもない! 素直さもない! でも私たちにはまだ、あざとさが残されている!!」と太鼓判を押している同著。男子禁制、大人の恋テクを学んでみては?


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube