ドリフ仲本工事、三代純歌と2ショット結婚会見「二目惚れだった」

結婚指輪を披露した仲本工事と三代純歌 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

結婚指輪を披露した仲本工事と三代純歌 (C)ORICON DD inc.
 ザ・ドリフターズの仲本工事(71)と歌手の三代純歌(44)が14日、都内ホテルで2ショット結婚会見を行った。27歳差婚を実らせた仲本は「大満足。それ以外言いようがない」とかみしめ、白無垢姿の三代を「女房の純歌です」と紹介してでれでれ。仲本自身3度目の結婚となるが「披露宴を大きくやるのは初めてで新鮮」と幸せたっぷりに語った。

 挙式後、愛犬のいちごちゃんを抱っこして報道陣の前に現れた仲本と三代。10年以上の付き合いを経て、妻となった三代は「影でコソコソしてたけど、公表してもらい、お祝いさせてもらって嬉しい」と仲本に感謝。年齢を非公表としていた三代だが、晴れ舞台で解禁もした。

 お互いの第一印象を聞かれると仲本は「第一印象は記憶がないんだけど、2回目に話をして、美人だな、スレンダーだなと思った。“二目惚れ”」とお茶目にニッコリ。三代は「出会った時からモテモテで、女性が周りにいてジェラシーが沸いたことがあった」と振り返り、次第に惹かれていったという馴れ初めを明かした。

 プロポーズの言葉を聞かれると、仲本は「いつプロポーズしたか? きっかけはいつかな〜。デュエットをやるようになってから、離れられない人にはなりましたけども」と首かしげ。三代が「プロポーズは言ってくれてない」と突っ込むと、仲本は「照れくさいです。なかなか言い難い」と顔を赤らめて肩を揺らしていた。

 「妻という座は強い。奥さんリードでお任せ」と家庭円満の秘訣を語る仲本は「今までの延長線で花が咲かせるようにいければ」と抱負を語り、三代も「長生きできるように築いて行きたい」と支えていくことを誓っていた。まだ入籍は済ませておらず、互いが落ち着いたタイミングで提出する予定。

 昨年6月に45歳差婚で話題を集めた加藤茶に続く、ドリフメンバーによる歳の差再婚。志村けんが結婚しない理由を聞かれると仲本は「わかりません。そもそも人のことは興味ないし」とあっけらかん。「(高木)ブーさんには長生きしてもらいたい。(女性を)紹介しろよって言われたけど、紹介してもね〜」と笑っていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事