梅宮アンナ、“家電小僧”細川茂樹とまゆ毛で繋がれる

ANASTASIAの“ベスト眉ニスト”に選ばれた梅宮アンナ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

ANASTASIAの“ベスト眉ニスト”に選ばれた梅宮アンナ (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの梅宮アンナが11日、最もまゆの美しい人に贈られる“ベスト眉ニスト”に選ばれ、都内で行われた授賞式に出席した。高校時代は現在の3倍の太さがあり、いまだに悩みを感じている部分もあるというアンナは「人間って、コンプレックスで頑張れるので(受賞は)嬉しいですね」。スマート眉ニストには俳優の細川茂樹が選ばれ「僕はただの家電小僧なのに…」と恐縮しっ放し。独身2人が“眉カップル”として恋に落ちる可能性を聞かれるとアンナは「好きだね〜そういう質問」と苦笑した。

 2人は、アイブロウトリートメントの第一人者アナスタシア・ソアレ氏から「骨格や筋肉、顔のバランスに合った世界に通用するまゆの持ち主」(梅宮)、「自分の骨格やフェイスバランスとぴったり合ったまゆの持ち主。一体感がありスマートな印象を与えている」(細川)との評価。

 普段は「手入れをほったらかし」という細川は、受賞は「スタイリストさん、メイクさんのおかげ」と謙そん。「まゆを“シャープ”に書いてください!と頼んでも『また家電ですか?』と、僕が言うことは全部家電のことだと思われることが寂しい…」と苦笑いだ。ソアレ氏から、サッカーの「デイビッド・ベッカム選手に匹敵するようなまゆの持ち主」と告げられると「ちょっと出てくるのが嫌になりました。ハードルを上げないで〜」と白旗を挙げてしまった。

 梅宮も「日本のジャニーファー・ロペスです!」と称賛されると、頭をかいて照れてしまい「今後もまゆ毛のケアだけはしっかりしていこうと思います」とプレッシャーを感じているようだった。なお、式の途中ではヘアメイクアップアーティストの“おぐねー”こと小椋ケンイチ氏も登場し、いつもとは逆の立場で施術体験していた。

【特集】あなたも北川景子のようになれる! 噂の“女優メイク”を大公開


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事