東大卒のセクシー女優・楠城華子が一般男性と結婚

結婚を報告した楠城華子 

[拡大写真]

結婚を報告した楠城華子 
■その他の写真ニュースはこちら

 東大法学部卒の女優で教育分野などマルチに活躍するタレントの楠城華子(30)が29日、今春から交際を始めたばかりの7歳年上の一般男性と9月23日に入籍したと自身のブログで発表した。「人一倍、結婚に関心があり、いろいろな情報を入手して来ただけあって、スピード婚は離婚も早いという説があるのもわかっています。人生100%はないので、万が一という事は常に考えてなくてはいけませんが わかっているからこそお互いを思いやって、かわいげのない私も、こと夫婦関係に関しては、かわいいお嫁さんになりたいと思います」と報告している。

 公式プロフィールによると身長172cm、3サイズはB92、W63、H95と抜群のプロポーションを誇る一方で、特技は「ピアノ」と「新聞速切」、趣味は「坐禅」と「新商品の研究(文房具から政治まで)」とおおよそほかのタレントプロフィールでは見られない異色の女優だ。子どもの教育について考えるNGO法人『無料塾』の発起人であり、今月26日には保育士試験1次試験合格をブログで報告したばかり。10月10日に行われる実技試験に向け「10月1日に山口の実家からピアノが届くので、本腰を入れて、練習をしたいと思います」と意欲的に綴っている。

 結婚については「夫婦別姓が立法化されていないので、姓が変わってしまいましたが、まだ慣れていなくて、『お名前は?』と聞かれると、至る所で『なんじょ・・・』と口走ってしまいます。結婚するまでは名前が変わることに関して、少し寂しい気持ちがありましたが、お仕事ではこのまま楠城を使い続けるつもりなので、実際、名前が二つ使えるようになって、逆にスパイっぽくない?と喜んでいます。物事って見方の角度を変えると、意外と何でもポジテイブになれるものですね」と独自の視点で表現した。

 お相手の男性は「輪郭が高田純次さん似。歴史上の人物に例えると埴輪」といい、今年の初め、次々と結婚していく友人に置いていかれた楠城を気遣って高校の後輩が紹介してくれたことがきっかけで交際がスタート。「初めて会ったときは坊主だったのであまりピンとこなかったのですが、髪がだんだん伸びてきたら結構いいかも・・・と思い始めました。ブログを良く読んでくれていて、感想も言ってくれるのも嬉しい。これまで出会った人たちは、自分のブログを読んでいるのかいないのか、ノーコメントの人が多かったけれど、私の事を見ていてくれるんだなと思いました」とORICON STYLEの取材にノロけた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube