ホーム ダイエット・ボディケア > 便秘腹?脂肪腹?ぽっこりお腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイント

便秘腹?脂肪腹?ぽっこりお腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイント

2023-07-06

便秘腹?脂肪腹?ぽっこりお腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイント

ぽっこりお腹が気になる!なんとかしたいけどどうすればいいの?と感じている人も多いのではないでしょうか。
今回はエステティシャンである筆者がぽっこりお腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイントについてご紹介します。

ぽっこりお腹は便秘腹?脂肪腹?

ぽっこりお腹が気になると言ってもさまざまですが、以下のどのタイプに当てはまりますか?

・便秘やガス溜まりなどで下腹が張っているタイプ
・皮下脂肪がついていて下腹から腰まわりにつくタイプ
・内臓脂肪や皮下脂肪がついて前、横と全体的についているタイプ
「便秘腹」は食物繊維、水の不足などによる腸内環境の乱れ、暴飲暴食、早食い、ストレス、環境の変化、便意の我慢、運動不足、筋力の低下などによって便秘やガス溜まりを招きます。
「脂肪腹」は糖質や脂質の多い食生活、水の不足、暴飲暴食、早食い、運動不足、筋力の低下などによってお腹まわりに脂肪が蓄積した状態です。
どちらにも共通して言えることは
@栄養バランスの摂れた食事
A暴飲暴食、早食いをしないこと
Bこまめに水を飲むこと
C運動によってお腹まわりを動かすこと
D腹筋を強化すること です。

お腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイント

運動不足や筋力の低下によって腸の働きが悪くなり、スムーズに便やガスが排出できないと、脂肪が燃焼しにくくなります。

(1)手のひらを密着させながら、みぞおちからへそ下、右下(骨盤の内側)、右上(肋の内側)、左上(肋の内側)、左下(骨盤の内側)、へそ下へとゆっくり5周流す。

(2)おへそから指三本分外側をおさえ、上半身を左右に20回動かす。

(3)左手で右ウエストから右の骨盤の内側に向かって5回、右手で左ウエストから左の骨盤の内側に向かって5回流す。

(4)ひざを立てて、縦の筋肉をグッと引き締めゆっくり上体を起こすを10〜15回繰り返す。

(5)両足を90度に曲げて持ち上げ、縦の腹筋をグッと引き締めて、頭と背中を浮かせ10秒キープを5回繰り返す。

(6)足を開いて座り、手を胸の前でクロスさせ、お腹をグッと引き締めながらテンポ良く左右に20回ひねる。

(おまけ)腹筋や背筋を使わずお腹をつきだすような姿勢は、歪みだけでなくぽっこりお腹を招く原因となります。腹筋を引き締めて肩を開くように立つ、腰を立てるように椅子に座るように意識しましょう。

ぽっこりお腹を凹ますマッサージ&腹筋ポイントのまとめ

いかがだったでしょうか。
マッサージは腸の動きを高め、便意を促す、脂肪が燃焼しやすい状態にサポートすることができ、腹筋を動かすことで脂肪が燃焼しやすい状態になるのでぽっこりお腹が気になる人はぜひ参考にしてみてください。

寒川あゆみ( エステサロンオーナー・美容家・美容ライター)
《プロフィール》
大阪谷町九丁目エステサロン「private salon Laule'a」代表。自身のコンプレックスから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。「美容をもっと楽しんで、生活の一部に取り入れて欲しい。」そんな思いからサロンを開業。現在はサロン業の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。
《資格・実績》
・エステサロン運営(現在はフェイシャルエステ、ボディマッサージ施術/過去に痩身エステ、脱毛経験あり)
・レッスン講師(スキンケア、マッサージなどのマンツーマンレッスン、専門学校、企業、イベント等)
・ヘアメイク学科卒

関連記事

提供元:カラダクリアー|身体の内と外から「ホンキノカラダ」をつくる

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ