ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 【30代必見】肌の変化に悩んだらスキンケアの見直しが必要!20代との違いは?

【30代必見】肌の変化に悩んだらスキンケアの見直しが必要!20代との違いは?

2023-08-30

【30代必見】肌の変化に悩んだらスキンケアの見直しが必要!20代との違いは?

「最近スキンケアを続けても効果が実感できない」「20代の頃にはなかった肌トラブルが増えてきた」など、30代になった途端、スキンケアに関する悩みが増えたと感じる人も意外と多いのではないでしょうか。
もしかすると、それはスキンケアの見直しが必要な時期に入ったのかもしれません。
そこで今回は、30代から取り入れたいスキンケアの見直し方法と併せて、アイテムの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

20代と何が違う?30代の肌に多い変化とは?

30代になった途端、肌質が変わったり、肌悩みが増えたりする人も珍しくはありません。というのも、30代はエイジングサインが表面化しやすい年代でもあるのです。
@肌の水分量と皮脂量が低下することによる乾燥
私たちの肌は、20代後半から水分量が減少。さらに30代に入ると、皮脂量も徐々に減っていきます。水分と油分がともに不足しがちになるため、乾燥が原因の悩みも増えやすいのです。
特に多いのは、肌のカサツキやごわつき、乾燥による小じわなどの悩みです。また、20代の頃は脂性肌だった人が突然乾燥肌になる場合もあります。
Aターンオーバーの乱れによるシミやくすみの表面化
20代はターンオーバーも整っているため、紫外線や摩擦によるダメージで生成されたメラニンも、古い角質とともに剥がれ落ちていきました。
しかし、30代以降は、徐々にターンオーバーも乱れがちに。古い角質やメラニンがうまく剥がれず、蓄積されることにより、シミやくすみとなって残ってしまうのです。
Bバリア機能の低下によるゆらぎ肌
30代に入ると、蓄積された紫外線ダメージにより、角質層内の保湿成分も減少傾向に。バリア機能が低下し、外部ダメージからの刺激に弱くなるため、肌のゆらぎによるトラブルが増える場合もあります。
バリア機能の低下によるゆらぎ肌は、乾燥や赤みをはじめとした肌トラブルの原因にもつながるのです。

【30代必見】見直しが必要なスキンケア方法

20代までは、化粧水と乳液をパパっと塗るだけでも健やかな肌状態が維持できていた人もいるかと思います。しかし、水分と油分が不足し、ターンオーバーも乱れる30代はスキンケアの見直しが必要!まずは、30代になったら見直したいスキンケアの方法をご紹介しますね。
@通常のお手入れでは守りの保湿スキンケアを徹底する
ターンオーバーが乱れ、バリア機能も低下しやすい30代。油分が不足することにより、角質層のうるおいが不足しがちになるため、通常のお手入れでは、うるおいを守る保湿重視のスキンケアを徹底しましょう。
特に「ヒト型セラミド」「コラーゲン」「スクワラン」などの保湿成分は30代におすすめなので、ぜひこれらの成分を配合したスキンケアラインに切り替えてみてくださいね。
A肌悩みに応じた美容液で攻めのケアも取り入れる
訴求成分を多く配合した美容液も、30代のスキンケアでは取り入れたいアイテムのひとつです。
とはいえ、一言で美容液といってもたくさんの種類がありますよね。そんな時は、肌悩みから自分に合った成分を選んでみましょう。
◆乾燥による肌悩み … セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど
◆紫外線による肌悩み … ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸など
◆年齢による肌悩み … レチノール、ナイアシンアミド、フラーレンなど
また、美容液は2〜3種類程度であれば、併用しても問題のないアイテムです。肌悩みが複数ある時は、それぞれに応じた成分を配合した美容液を併用してみてください。
乾燥と年齢肌に悩む人であれば、「セラミド」と「レチノール」の2種類の美容液をスキンケアに取り入れるなど、目的に合わせた美容液を数種類取り入れることで、多角的にアプローチを行うことができますよ。
B週末はスペシャルケアを取り入れたスキンケアを行う
30代のスキンケアでは、
1.クレンジング
2.洗顔
3.化粧水
4.美容液
5.乳液
6.クリーム
の6ステップが毎日行いたいベーシックケアになります。
ただ、水分も油分も不足しがちな肌には、通常のケアだけでは物足りなさを感じる場合もあるかもしれません。そんな時は、週末や特別な日の前夜にスペシャルケアアイテムを取り入れてみましょう。
◆シートパック … 化粧水のあとに使用することで角質層のすみずみにうるおいを与える
◆ブースター … 洗顔後になじませることで肌を柔らかくし、その後のスキンケアの浸透をサポートする
◆ピーリングアイテム … 洗顔後に使用することで古い角質をケアし、その後のスキンケアの浸透をサポートする
◆スリーピングマスク … 就寝前になじませることで寝ている間に集中的な保湿ケアができる
◆クリームパック … 洗顔後に肌になじませ、洗い流すことで古い角質や汚れを落とせる
◆マイクロニードルパッチ … 溶ける針により直接角質層にうるおい成分を浸透させることができる
週に数回程度は、自分の肌悩みや好みに合わせたスペシャルケアを取り入れてみてくださいね。

30代から肌が綺麗になる!スキンケアアイテムの選び方【肌質別】

30代から綺麗な肌を維持するためには、スキンケアの見直しと併せてアイテムの選び方も大切になってきます。30代以降は、何となく人気のスキンケアアイテムを選ぶのではなく、自分の肌質に合うものを選ぶようにしましょう。
人により肌質は違ってきますが、30代の場合は、主に乾燥肌、インナードライ肌、ゆらぎ肌の3タイプに分かれることが多いと言われます。
◆乾燥肌
乾燥肌の人は、水分量も油分量も不足している状態。そのため、水分と油分をバランスよく補える高保湿のスキンケアアイテムを選ぶのがおすすめです。毎日のスキンケアでは、「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などの保湿成分が配合されたアイテムを取り入れるようにしましょう。
また、角質層に与えたうるおいをキープするためにも、乳液とクリームは併用するのがおすすめ。エモリエント効果を高めるためにも、乳液やクリームは、油分が多いアイテムを選ぶようにしてくださいね。
◆インナードライ肌
30代になった途端、乾燥により過剰な皮脂分泌が増えるインナードライ肌になる人も珍しくはありません。そんなインナードライ肌は、一見、脂性肌と似た肌状態ですが、根本的な原因は角質層の乾燥にあります。そのため、角質層にうるおいを与えて保湿できるスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。化粧水や美容液は、乾燥肌と同じく、保湿成分を配合したアイテムを選んでみてくださいね。
また、インナードライ肌の人は過剰な皮脂分泌により、ベタつきが気になる場合もあるため、油分の多いアイテムは控え、ジェルタイプのアイテムやさっぱりした使用感のクリームを最後に取り入れるようにしましょう。スキンケアの最後に収れん化粧水を取り入れるのもおすすめですよ。
◆ゆらぎ肌
30代のなかには、バリア機能低下により肌がゆらぎ、敏感傾向になる人もいます。今まで使っていたスキンケアアイテムが刺激に感じる場合は、敏感肌向けに開発された商品に切り替えるようにしましょう。
多くの敏感肌向けのスキンケアアイテムには、保湿成分である「アミノ酸」や「ヒト型セラミド」、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。ただし、必ずしも肌に合うとは限らないので、まずはトライアルから試すのがおすすめですよ。

【30代×肌質別】おすすめのスキンケアアイテム

スキンケアの見直しが必要になる30代向けのアイテムはたくさんあります。種類も多いので、選び方に悩む人もいるのではないでしょうか。そこで肌質別におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。
【乾燥肌】おすすめのスキンケアアイテム
<オルビスユー / エッセンスローション>
肌の乾燥や目尻や口元の悩みなど、初期エイジングサインにアプローチする化粧水。肌の基礎体力(肌をうるおいで満たし・保ち、バリア機能で乾燥から肌を守る、肌本来のうるおい機能)に着目することにより、乾燥によるくすみや肌荒れなどの対策が行えます。乾燥肌はもちろん、乾燥による年齢肌が気になり始めた人にもおすすめです。

<ETVOS / モイスチャライジングセラム>
1本で美容液と乳液の2役をこなす集中保湿美容液。乾燥肌には嬉しい5種類の「ヒト型セラミド」(セラミドEOP、NG、NP、AG、AP)をバランスよく配合しています。乾燥した肌だけでなく、乾燥による肌のゆらぎが気になる時にも使いやすいアイテムです。

<KANEBO / クリーム イン デイ>
「SPF20・PA+++」のサンカット指数をもつデイクリーム。紫外線ダメージを防ぎながら、とろみのあるクリームが乾燥から肌を守ってくれます。油分は多いものの肌なじみは良いため、化粧下地としても使用が可能!冬場の日中など、乾燥しやすい時期にもおすすめです。

【インナードライ肌】おすすめのスキンケアアイテム
<アテニア / スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ>
肌のくすみの原因となる「肌ステイン」(※古い角質汚れ)に着目したクレンジングオイル。W洗顔不要で、短時間でメイク汚れを落とせるため、必要なうるおいや皮脂のみを守りたいインナードライ肌さんにはぴったり!ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)であるため、過剰な皮脂分泌によりニキビができやすい時にもおすすめです。
<IPSA / ザ・タイムR アクア>
肌質を選ばず使いやすいロングセラーヒットの化粧水。角質層をうるおいで満たすことにより、バランスの整ったテカリにくい肌へと整えてくれます。また、乾燥状態に応じ、角質層に水分を与え、逃さないようにするため、水分不足による皮脂量の増加に悩むインナードライ肌さんにおすすめです。

<メディプラス / メディプラスゲル>
保湿力に優れた「ヒト型セラミド」や「ヒアルロン酸Na」を配合したオールインワンゲル。乾燥ダメージを防ぎながらも、さっぱりした使用感でベタつきを気にせずに使用できます。クリーム独特のベタつきが苦手なものの、乾燥対策はしっかりしたいインナードライ肌さんにおすすめです。
この投稿をInstagramで見る メディプラス

【ゆらぎ肌】おすすめのスキンケアアイテム
<LA ROCHE POSAY/ トレリアン ハイドレーティング ジェルクレンザー>
敏感肌向きに開発されたジェルタイプの泡立つ洗顔料。独自成分「アミノコンプレックス」には、敏感肌の人でも比較的手に取りやすい「ココイルグリシンNa」「ナイアシンアミド」「セラミド」が含まれているため、肌のバリア機能を守りながら洗い流すことができます。泡立ちも良いので、摩擦ダメージを極力減らしながら洗顔ができますよ。
<アドライズ / アクティブローション>
敏感肌向けコスメにも配合される保湿有効成分「ヘパリン類似物質」をはじめ、「アミノ酸」や「セラミド」を配合した化粧水。とろみのあるテクスチャーで心地よい使用感を楽しめます。
また、美白*有効成分「プラセンタエキス」も配合。ゆらぎ肌のケアと美白*ケアを同時に叶えることができます。
*メラニンの生成を抑制し、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ

<Carte / カルテHD モイスチュア クリーム 公式>
乾燥やカサつきが気になる肌に向けた高保湿クリーム。肌のうるおい維持に欠かせないラメラ構造に「ヘパリン類似物質HD」が働きかけ、長時間うるおいをキープ。「エモリエントオイル」と「ワセリン」をバランスよく配合することにより、ベタつきを感じることなくうるおい効果を実感できます。
その他にも肌荒れ防止成分「グリチルリチン酸ジカリウム」をはじめ、「スクワラン」「セラミド類似ポリマー」「3種のアミノ酸」などゆらぎ肌に嬉しい成分をたっぷり配合しています。

30代はスキンケアの見直しから始めよう!

30代になると、乾燥によるカサつきや小じわ、メイクノリの悪さなど様々な肌悩みが増えることもあります。そんな時は、一度スキンケアの見直しをしてみてはいかがでしょうか。年齢に合わせてスキンケアを見直すことにより、理想とする健やかな肌を手に入れることができますよ。

LISA( 美容ライター)
《プロフィール》
2011年よりライター活動開始。コスメコンシェルジュ資格取得後、美容ライターとしても活動を開始する。
スキンケアを中心に数多くの美容コラムを執筆。一人ひとりの肌質や生活スタイルを想定したうえで、適切なケア方法を導き出すコラムを得意とする。
プライベートでは、デパコスからプチプラコスメ、ドクターズコスメ、海外コスメなど、ジャンルを問わずに気になったアイテムはすぐに試すスキンケアオタクです。
《所有資格》
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

関連記事

提供元:カラダクリアー|身体の内と外から「ホンキノカラダ」をつくる

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ