ホーム 子育て > 「実は俺…」いつも冷蔵庫に残ったままの夫の夕食→食べていない理由を聞いた結果、衝撃の返答が…!

「実は俺…」いつも冷蔵庫に残ったままの夫の夕食→食べていない理由を聞いた結果、衝撃の返答が…!

2024-02-13

私も子どもたちも眠っている時間帯に帰宅する夫。いつも私は夫の分も夕食を冷蔵庫に用意してから寝ていますが、翌朝になっても夫の分の夕食がそのままになっていることがありました。夫はいつもお風呂上がりにビールを飲みながら夕食を食べるので「おつまみにならなかったかな?」と、最初はあまり気にしていませんでした。しかし、夕食を食べていない日が2週間ほど続くようになったため、夕食をどうしているのか夫に聞いてみることに。するととんでもない展開になったのです――。

夫からまさかの発言

「コンビニで買ったり、仕事帰りに適当に済ませたりしてるよ」と当たり前のように返事をする夫。「家計のことや栄養を考えて毎日夕食を用意しているのに、食べてもらえないのは悲しい」と夫に伝えると、「実は家庭の味に飽きたんだよね」とまさかの言葉が。

さらに夫は「ごはん作るの大変でしょ。俺の分はいらないから大丈夫」と言ってきました。「あなたの分はいらなくても、子どもと自分の分は作らないといけないし、買ったり外食したりするほど家計に余裕はない」と私が伝えると、「俺の稼ぎが少ないって言ってるのか」と夫婦喧嘩になってしまったのです。

数時間言い合いになりましたが、「たまにならいいけど、毎日買い食いや外食では健康に悪いから心配」と私が伝えてなんとか仲直りし、「味付けがもう少し濃いとうれしい」と言う夫の要望に応えることを約束しました。

「家計はもちろん体のことも考えて、できれば作った物を食べてほしい」と伝えながら、おかずの素なども利用して調理するようになると、夫は用意した夕食を食べてくれるようになりました。わが家は結婚11年。「家庭の味に飽きた」と言われたことは悲しいですが、食事の好みは人それぞれです。試行錯誤しながら、家族全員の食事の好みとうまく付き合っていきたいと思います。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2〜6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

イラスト/はたこ

著者:安藤 はるか小3、年長の男の子と2歳の女の子のママ。カラーセラピストとしてお悩み相談のサービスを運用中。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ