ホーム コラム > 娘に対する愛情は人一倍。この子を産んだ記憶がなくても、私は…<自分の子だと思えない>

娘に対する愛情は人一倍。この子を産んだ記憶がなくても、私は…<自分の子だと思えない>

2024-02-20

娘・キキちゃんを出産し、母になったわこさん。全身麻酔で緊急帝王切開をしたこともあり、わこさんは出産時の記憶がありません。また、元々パニック障害を抱えていたわこさんは表面上は順調に育児をしていましたが、現実に心が追いついていない感覚がつきまとっていたのです。キキちゃんと血の繋がりを感じられないことや、自分の不安がキキちゃんの成長に影響するのではないかとわこさんは不安でいっぱい。しかし、キキちゃんが成長するにつれて、わこさんの心配は少しずつなくなっていきました。そして、夫から親として自覚を持ったときの話を聞いて、わこさんは家族全員が健康に過ごしていることが何よりも大切だと気づいたのです。

出産前にわこさんが思っていた母と子の繋がりは、実際感じたものとは異なっていました。

出産前は当然だと思っていた…

自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話
自分の子だと思えない 最終話

子どもを産む前までは、母と子には特別な結びつきが必ずあると思っていたわこさん。しかし実際に子育てをして、母子の繋がりは必ず感じられるものではないのかもと思うように。

わこさんは、いまだにキキちゃんのことを「自分の産んだ子」という実感がなく、モヤモヤすることもあるようです。

ただ、キキちゃんのことはたったひとりの「かけがえのないわが子」だと感じています。

出産時に全身麻酔をしたことにより記憶がなくても、頑張って産んだことは紛れもない事実。

わこさんは、キキちゃんが笑顔でいることが今のすべてだと思えるようになったのでした。

子どもを産んだあとの母親の感情は、本当にさまざまです。わこさんの悩みは完全には解決していませんが、育児をしているうちに考え方が変わっていきました。

みなさんも、子育てでモヤモヤすることがあれば思い詰めすぎず、周りの人に相談したり、目の前にある幸せを見つめ直したりして、少しでも気持ちが軽くなるようにしてみてくださいね。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師 松田玲子

わこさんの連載は、以下のブログからもご確認いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ