ホーム コラム > 「何不自由なく暮らさせてやってたのに!」離婚を告げられた夫が逆ギレ→娘たちに離婚の説明すると…

「何不自由なく暮らさせてやってたのに!」離婚を告げられた夫が逆ギレ→娘たちに離婚の説明すると…

2024-04-03

すぐるは高学歴で外資系勤務の超エリート。妻のかすみと子ども2人の4人家族で、順風満帆な生活を送っていました。しかし、すぐるは自分の行動を少し指摘されただけでも拗ねてしまう極論被害妄想夫だったのです。かすみはすぐるの態度に我慢の限界がきて実家へ帰り、離婚届を送ります。離婚届を見たすぐるはかすみの実家へ行き、頭を下げて謝罪。かすみは心を動かされ一緒に家へ帰るのですが、すぐるに叩かれてしまいました。かすみは離婚の話し合いをするため両家の親を家に呼び、再びすぐるに離婚を言い渡します。

話し合いは平行線のままでしたが、かすみがすぐるから暴力を受けたときの録音を聞かせたことで状況は一変。

しかし、すぐるだけは自分は間違ってないと言い続けます。

すぐるの父が亭主関白で、その父に尽くしてきた母の姿を見てきたからでした。

「あとは代理人を通してください」と、両親と一緒に実家へ帰ったかすみ。

すぐるは自分の両親からも責められて……。

僕の何が悪かったんだ…

極論被害妄想夫1
極論被害妄想夫2
極論被害妄想夫3
極論被害妄想夫4
極論被害妄想夫5
極論被害妄想夫6
極論被害妄想夫7
極論被害妄想夫8

かすみの実家に帰宅後。

極論被害妄想夫9
極論被害妄想夫10
極論被害妄想夫11
極論被害妄想夫12
極論被害妄想夫13
極論被害妄想夫14
極論被害妄想夫15
極論被害妄想夫16

「みんなして僕のことを馬鹿にして!」とひとり暴れるすぐる。

すぐるは「なんでこんなことに……」と部屋で絶望するのでした。

一方、実家へ帰っていたかすみ。

娘たちに「家に帰ったら大事な話があるからね」と伝えます。

実家へ帰宅後、娘たちにこれからのことを話すかすみ。

すると長女のあやみは「パパはどこで暮らすの?」と聞いてきました。

「パパはおうちにいて、離れていてもまた会えるよ」と伝えます。

「寂しくならないようにママ頑張るから……」と話すかすみ。

あやみは「大丈夫だよ」と答えてくれ、かすみはお礼を言います。

娘たちから父親を奪ってしまうことが苦しいかすみ。

しかし、娘たちを絶対に幸せにすることを心に決め、一歩踏み出すのでした。

娘にこれからのことを話したかすみ。

娘たちのことを考えると胸が締め付けられるような思いだったことでしょう。

しかし、かすみの人生はかすみのものです。

きっと娘たちも、母親が笑顔で過ごせるほうが幸せでしょう。

かすみの前向きな一歩を心から応援したいですね!

>>次の話

神谷もちさんの連載は、以下のブログからもご確認いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ