ホーム レシピ > カリッと焼いたら冷蔵庫へ! 「冷たいフレンチトースト」

カリッと焼いたら冷蔵庫へ! 「冷たいフレンチトースト」

湿度にやられて、体がダルい…。そんな梅雨時の起きるのが辛い朝のために、前の晩から愉しみを仕込んでおきませんか?

焼いたあとにバナナを包んでクルンと丸めて、冷やしておくフレンチトースト。
卵と砂糖がたっぷり染み込んだ生地は、冷やすことで味もなじみ、食欲のない朝でもさっぱりと食べられます。

お好みで、シナモンパウダーやメープルシロップを添えて。
学校帰りのお子さんのおやつに、多めに作っておくのもいいですね!


冷たいフレンチトースト

調理時間 30分
レシピ制作:E・レシピ


<材料 2個分>
食パン(サンドイッチ用:耳のないもの) 2枚
卵 1個
牛乳 55ml
砂糖 20g
バニラエッセンス 少々
バナナ 1本
シナモンパウダー 適量
<仕上げ用>
 バター 10g
 砂糖 10g

<下準備>
バナナは皮をむき、長さを半分に切る。


<作り方>
1、バットに卵を溶きほぐし、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。


2、(1)に食パンを5分ほど浸し、全体によくしみ込んだら、バナナに巻き付ける。


3、熱したフライパンに<仕上げ用>のバターを溶かし、(2)の巻き終わりを下にして並べ、時々転がしながら全体に焦げ目がつくまで焼く。


4、フライパンの端に<仕上げ用>の砂糖を入れて焦がし、キャラメル色になったら、パンにからませる。冷蔵庫で冷やして器に盛り、シナモンパウダーを振る。


カラメル状の香ばしい色合いと、伊達巻きのような見た目もかわいらしい、フレンチトーストの変わり種アレンジ。
一度つくると、暑い季節の朝ごはんの定番になります!

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R