ホーム レシピ > 「うちは婆ちゃんがメシ作ってた」聞けなかった彼の家の事情<やっぱり元カレを思い出してしまう〜傷心ごはん 9話>

「うちは婆ちゃんがメシ作ってた」聞けなかった彼の家の事情<やっぱり元カレを思い出してしまう〜傷心ごはん 9話>

■これまでのあらすじ
長年付き合った彼と別れたばかりの雪子。ひとしきりお風呂で泣いた後空腹を覚え、実家から送ってもらったお芋でニョッキを作ることに。レンチンしたお芋をフォークで潰して小麦粉とまぜ、捏ねてから形を整えて浮いてくるまで茹でる。残り物のお芋のポタージュとチーズと合わせたらふわふわの食感に思わず笑顔になります。ニョッキを食べながらも、雪子は「ニョッキって作れるんだ」と驚いていた元カレを思い出してしまうのでした。

元カレの家ではお婆ちゃんがご飯を作っていた


両親の話はあまり聞いたことがない…


また元カレの涼のことを思い出してしまった雪子。

そういえばニョッキを食べながら彼は、「ニョッキって作れるんだ」と驚いていました。彼の家は祖母がご飯を作っていて、ニョッキは出たことがないそうです。

涼からは祖母の話はよく聞いたものの、両親のことはあまり話したくはないようでした。雪子もあまり踏み込んだことは聞けなかったのです。



(傷心ごはん(福々ちえ))
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ