ホーム レシピ > 【今日の献立】2024年2月20日(火)「絶品すし飯の海鮮丼」

【今日の献立】2024年2月20日(火)「絶品すし飯の海鮮丼」

プロの料理レシピサイト「E・レシピ」がご紹介する今日の夕食にオススメの献立は、 「絶品すし飯の海鮮丼」 「おぼろ豆腐のゴマダレ冷奴」 「カブと塩昆布の浅漬け」 「シジミたっぷりおみそ汁」 の全4品。
定食風の晩御飯にチャレンジ!


【主食】絶品すし飯の海鮮丼
お好みの市販のお刺身を丼に。昆布で炊くご飯に手作りのすし酢を加えて!
絶品すし飯の海鮮丼

(c)Eレシピ


調理時間:1時間+漬ける時間
カロリー:413Kcal
レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


材料(2人分)

<すし飯>
お米 1合
昆布 3g
水 175ml
酒 小さじ1
白ゴマ 小さじ1/2
<すし酢>
酢 大さじ2
砂糖 大さじ1.5
塩 小さじ3/4
刺身 (パック:お好みのもの)2パック 大葉 2枚


【下準備】

昆布は分量の水に30分以上浸しておく。お米は洗い、吸水しておく。<すし酢>の材料を合わせておく。
絶品すし飯の海鮮丼の下準備1

(c)Eレシピ




【作り方】

1. 炊飯器に<すし飯>の材料を入れて炊く。
絶品すし飯の海鮮丼の作り方1

(c)Eレシピ


昆布は炊けたら取り出すのでお米の上にのるように置いてください。
2. 炊けたらご飯を平らに広げ、<すし酢>を回しかける。しゃもじで切り混ぜ、なじんできたらうちわであおぎながら全体を切り混ぜて冷ます。
絶品すし飯の海鮮丼の作り方2

(c)Eレシピ


しゃもじがもったりと重くなったら<すし酢>がご飯にしみ込み、なじんできた合図。
3. 冷めたご飯に白ゴマを振りかけて全体に混ぜる。器に盛り、刺身、大葉を盛りつける。
絶品すし飯の海鮮丼の作り方3

(c)Eレシピ


しょうゆと練りワサビをつけてお召し上がり下さい。


【副菜】おぼろ豆腐のゴマダレ冷奴
おぼろ豆腐がなければ普通のお豆腐でも。コクのあるゴマダレを手づくりしましょう!
おぼろ豆腐のゴマダレ冷奴

(c)Eレシピ


調理時間:5分
カロリー:159Kcal
レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


材料(2人分)

おぼろ豆腐 1丁
<ゴマダレ>
練り白ゴマ 小さじ2
きび砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ2
酢 小さじ1~2
すり白ゴマ 小さじ1


【作り方】

1. おぼろ豆腐の水気をよくきり、器によそう。<ゴマダレ>の材料を合わせ、(1)にかける。
おぼろ豆腐のゴマダレ冷奴の作り方1

(c)Eレシピ




【副菜】カブと塩昆布の浅漬け
塩昆布にしょうゆとゴマ油でさらにコクをプラスした浅漬けです。
カブと塩昆布の浅漬け

(c)Eレシピ


調理時間:20分
カロリー:24Kcal
レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


材料(2人分)

カブ 1~2個
塩 小さじ1/4
塩昆布 大さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
ゴマ油 少々


【作り方】

1. カブは葉と根を切り落とし、皮をむいて縦半分に切り、横向きにして薄切りにする。塩を振って15分ほどおき、水気を絞る。
カブと塩昆布の浅漬けの作り方1

(c)Eレシピ


2. 塩昆布にしょうゆ、ゴマ油を混ぜ、(1)と和える。
カブと塩昆布の浅漬けの作り方2

(c)Eレシピ




【スープ・汁】シジミたっぷりおみそ汁
健康成分オルニチンを含むことで注目されるシジミ。どっさりいただきましょう!
シジミたっぷりおみそ汁

(c)Eレシピ


調理時間:10分
カロリー:33Kcal
レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


材料(2人分)

シジミ 200~220g
水 300ml
みそ 大さじ1


【下準備】

シジミは殻と殻をこすり合わせるように水洗いし、塩を少々加えた水(分量外)の中で半日砂出しをする。
シジミたっぷりおみそ汁の下準備1

(c)Eレシピ


水は必ず2〜3時間おきに入れ替えてください。砂出しをする時間は調理時間に含みません。


【作り方】

1. 砂出ししたシジミは流水でよく洗う。小鍋にシジミと水を入れ、中火にかける。
シジミたっぷりおみそ汁の作り方1

(c)Eレシピ


2. 沸騰直前で弱火にし、アクをしっかり取り除く。貝がすべて開いたら火を消し、みそを溶かす。
シジミたっぷりおみそ汁の作り方2

(c)Eレシピ


シジミはアクがたくさん出るので必ず除きます。沸騰させると旨みが飛んでしまうので、火加減に注意。
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ