ホーム レシピ > 「ママの仕事は料理でしょ」息子よ…<好きでやってるわけじゃないのに〜料理は妻の仕事ですか? 6話>

「ママの仕事は料理でしょ」息子よ…<好きでやってるわけじゃないのに〜料理は妻の仕事ですか? 6話>


この漫画は書籍『料理は妻の仕事ですか?』(著者:アベナオミ 監修:白央篤司)の内容から一部を掲載しています(全10話)。


■前回のあらすじ
毎日の料理に追われ悩む主婦たち…。本音では夫にもっと料理をしてほしいのですが、なぜか夫が料理を担当しても長続きしないのです。その原因について自炊に詳しいライターの白央篤司さんは、夫が料理に対して苦手意識をいだいているのは、買い物の段階でつまづいているからかもしれないと言います。自炊力を上げるには、まず買い物する能力を上げることから。そのためにはコンビニなどでバランスよく買い物する練習をするとよいと言います。

うどん1杯作るのだって、案外難しい


長男にも料理の経験が必要かも


素直な気持ちを真剣に話す、とは

買い物が辛い、料理したくない、そんなこと、母親が言ってはいけないと思っていた…。

でもママだって人間。料理したくない日もあればしんどい日だってあります。素直に家族に気持ちを伝えることも大切なんですね。

気持ちを伝えることが、料理や買い出しに対する誤解を解く第一歩になるかもしれません。






『料理は妻の仕事ですか?』
著者:アベナオミ 監修:白央篤司  (KADOKAWA)
書籍「料理は妻の仕事ですか?」はこちら

パパや子どもたちの自炊力を上げると共に、頑張り過ぎてしまうママの心に潜む「料理=愛情」という思い込みをはがし、日々のごはん作りから家族のカタチを見つめ直すコミックエッセイ。日々の料理作りを抱えてしまう気持ちをおろし、共に生活する家族みんなの自炊力を上げてみませんか?  それは料理を作る以前の、小さな一歩から始まります。


(アベナオミ『料理は妻の仕事ですか?』)
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ