ホーム レシピ > 「料理したくない」真剣に伝えたら…?<変化にびっくり!〜料理は妻の仕事ですか? 8話>

「料理したくない」真剣に伝えたら…?<変化にびっくり!〜料理は妻の仕事ですか? 8話>


この漫画は書籍『料理は妻の仕事ですか?』(著者:アベナオミ 監修:白央篤司)の内容から一部を掲載しています(全10話)


■前回のあらすじ
人は食べないわけにはいかない…来る日も料理に追われ疲れ果てた妻たち。たまには代わってもらいたいと思っても、つい罪悪感を抱いてしまいます。フードライターの白央さんに話を聞くとそれもそのはず、自炊に必要なのは複雑な能力なのです。自炊力を上げるために白央さんがすすめるのは、とりあえずご飯を炊くこと。ご飯と味噌汁があれば買ってきた一品を足せば立派な食事になります。さらに鍋でご飯が炊けるようになれば防災力のアップにも。

ママが病気の時のために作ってと伝えると?


「お母さんだからどんな時もご飯を作るべき」という思いをおろしてみると


「今日は外食したい」と希望を伝えてみた


料理を代わるだけじゃない…変化が


「たまにはご飯作りを代わってもらいたい」と伝えたインデン家、「今日はもう疲れて料理したくない」と伝えたアベ家、そして「外食したい」と伝えた町田家。

それぞれ打ち合わせで聞いたとおり家族に素直な気持ちを伝えてみると、驚くべき変化があったのです!







『料理は妻の仕事ですか?』
著者:アベナオミ 監修:白央篤司  (KADOKAWA)
書籍「料理は妻の仕事ですか?」はこちら

パパや子どもたちの自炊力を上げると共に、頑張り過ぎてしまうママの心に潜む「料理=愛情」という思い込みをはがし、日々のごはん作りから家族のカタチを見つめ直すコミックエッセイ。日々の料理作りを抱えてしまう気持ちをおろし、共に生活する家族みんなの自炊力を上げてみませんか?  それは料理を作る以前の、小さな一歩から始まります。


(アベナオミ『料理は妻の仕事ですか?』)
タグ
Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ