ホーム 恋愛・暮らし > 「時短」「捨てやすい」、ワーママの悩みに着目した新型消臭スプレー登場

「時短」「捨てやすい」、ワーママの悩みに着目した新型消臭スプレー登場

毎日十分な換気・掃除が行えないというワーママに向け、わずか10秒で空気の掃除ができる『ファブリーズ マイクロミスト』が登場

[拡大写真]

毎日十分な換気・掃除が行えないというワーママに向け、わずか10秒で空気の掃除ができる『ファブリーズ マイクロミスト』が登場
 近年、香りやデザインを訴求した室内用芳香・消臭剤が続々登場している。そんな中、P&Gの消臭芳香剤ブランド「ファブリーズ」から、“働くママたち”のニーズに応えた新たな空間・布用消臭芳香スプレーが発表された。

 同社が昨年7月、子供をもつ働く女性300人(20〜60代)を対象に実施した「部屋のニオイ」に関する調査によると、9割以上が自宅のニオイが気になると回答。一方で、83.3%のワーキングマザーが「時間がなくて室内のニオイケアまで手が回っていない」という現状が明らかになった。従来の室内用消臭・芳香剤の満足度は低く、特に空間用消臭剤(液化ガスを使用したスプレー缶など)に関しては、約4割が「スプレー缶のゴミ捨てが面倒」と答えている。

 液化ガス使用のスプレー缶は、中身を使い切るか、中身を出して空の状態で処分する必要がある。その手間から、つい溜めてしまう人も少なくない。今回登場した『ファブリーズ マイクロミスト』は、そんな「処分が面倒」「ゴミを溜めてしまう」といった悩みに着目し、アジア市場の消臭芳香剤で初となる画期的なスプレー技術を採用。エアゾールガスを使わない新型スプレー容器で、廃棄時のガス抜きが不要となっている。

 微細なミストを広範囲に放出できるスプレー缶の魅力はそのままに、さらに天井や床など、どんな角度でも使用できる新ボトルは、10秒間(12畳の部屋)スプレーするだけでニオイを効果的に消臭することが可能という。

 室内のニオイは、換気やこまめな掃除によってある程度ケアできるが、同社の検証では、“換気をしても外出後15分、換気+掃除でも30分後にはニオイ戻り”していることが判明している。育児や仕事に追われるワーキングマザーにとって、毎日十分な換気・掃除を行うことは難しい。10秒でニオイケアできる同アイテムは“働くママたち”の心強い味方となりそう。

 なお、香りは、清潔感のあるグリーン系フレグランスの「クラシック・ガーデン」、フルーティさと花々の香りが楽しめる「エレガント・リリー」、トロピカルフルーツと柔らかな花の香りが同居した「フレッシュ・シトラス」の3種を展開。3月下旬より順次販売。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R