ホーム 旅行・おでかけ > 東京ディズニーランド、35周年の新パレードを初披露

東京ディズニーランド、35周年の新パレードを初披露

東京ディズニーランドの新しい昼のパレード『ドリーミング・アップ!』が初公開! (C)Disney

[拡大写真]

東京ディズニーランドの新しい昼のパレード『ドリーミング・アップ!』が初公開! (C)Disney
 東京ディズニーリゾート(TDR)で10日、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」でお披露目される新プログラムが15日のオープンに先駆け、メディアに初公開された。同リゾート史上“最大の祭典”とあって、早朝から多くのメディアやゲストで賑わうなか、東京ディズニーランド(TDL)の新しい昼のパレード「ドリーミング・アップ!」と、登場以来初めての大幅リニューアルとなるアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が注目を集めた。

 デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」は、ミッキーマウスをはじめ、『ファンタジア』『美女と野獣』『ピーター・パン』、初登場の『ベイマックス』などディズニーの仲間たちが続々と登場。5つのユニット、13台のフロートで祝祭感あふれる華やかなパレードを繰り広げた。

 パレードのホスト役となるミッキーマウスとプルートがペガサスのフロートで登場すると、ゲストからは大きな歓声。エリア一帯は一気にお祭りムードに。続いてグーフィーが、アリスやピノキオの遊び心あふれるフロートを先導。

 ミニーマウスがシンデレラ、白雪姫、ラプンツェルといったプリンセスらとロマンティックな世界を表現したのち、チップとデール、プーさんらが登場。フィナーレでは、パレード初登場となるヒロを乗せたベイマックスや、メリー・ポピンズ、ピーターパンとウェンディが空を舞った。

 開園当初からの人気アトラクション“世界で一番幸せな船旅”を体験することができる「イッツ・ア・スモールワールド」は、ディズニー映画に登場するキャラクター約40体を追加。さらに、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれている。

 旅の始まりのヨーロッパのスカンジナビアには、『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、 オラフが登場。このほかヨーロッパでは『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』『ピーターパン』『塔の上のラプンツェル』、アジアは『ムーラン』や『アラ ジン』、アフリカでは『ライオンキング』などが加わり、これまで以上に幸せな船旅を味わえる内容となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R