ホーム 旅行&おでかけ > eチケットって何?受け取り方や搭乗手続きを分かりやすく解説!

eチケットって何?受け取り方や搭乗手続きを分かりやすく解説!

2024-02-09

飛行機を利用する際に必要なeチケット(Electronic Ticket)とは、電子航空券のこと。聞いたことはあるけどよく分からない、という方も意外と多いのではないでしょうか。
またよく耳にするeチケットの「控え」とはどんなもの?搭乗券との違いは?eチケットで搭乗手続きはどのように行う?……旅行初心者の方に向けて詳しくご説明します。

航空券とeチケット、どう違う?

かつては航空券を予約すると、航空会社や旅行会社が出発までに写真のような航空券を発券し、旅行者に渡していました。搭乗する区間ごとのチケットがまとめられた冊子のようになっていて、出発当日は航空会社のカウンターで航空券を提示。搭乗区間分の航空券だけ切り離して回収され、搭乗券に引き換えられる仕組みになっていました。

eチケットの控えはどうやって手に入れる?

航空券が紙で発券されることは少なくなったとは言え、空港での搭乗時には航空券を予約している証明となる「eチケットの控え*」が必要です。
航空会社や旅行会社の店頭、電話などで予約した場合はeチケットの控えを発行してもらえますが、航空会社サイトや旅行予約サイトを利用した場合は、自分でプリントアウトする必要あり。eチケットの控えは、予約完了メール、予約サイトの確認画面などから印刷可能です。
*…航空会社、予約方法等によって「お客様控え」「予約確認書」「旅程表」など名称が異なります。

eチケットでできること

eチケットは日々進化を遂げています。自動チェックイン機を採用している航空会社では、旅客自身が2次元バーコードを機械に読み取らせてチェックイン手続きをすることが可能に!チェックインのために空港カウンターの行列に並ぶ、というわずらわしさから解放されます。
また近年多くの航空会社では、ウェブブラウザやアプリを利用したオンラインチェックインが主流となっています。ネット上で事前にチェックインをしたあとに搭乗券をメールで受け取ってプリントアウト、もしくはスマホ画面に表示。航空会社のアプリ内で手続きし、モバイル搭乗券として保管する方法もあります。機内に預ける荷物がなければ、空港に着いたらそのまま保安検査場へGO!航空会社、利用できる空港が限定されていますが、チェックイン手続きが簡略化できるのはうれしいですね。

eチケットでの搭乗手続き

自動チェックイン機の場合は、上記の1と3を旅客自身が行います。もし座席指定をしていなければ、このときにあわせて指定しましょう。自動手荷物預け入れ機はまだ一部の空港、航空会社しか導入されていないため、預け入れ荷物がある場合は別途カウンターで手続きが必要です。
分からなければチェックイン機近くにいる係員に尋ねることもできますが、事前に各航空会社HPで操作手順を予習しておくと安心です。

eチケットのよくある質問

■プリンターがないので控えを印刷できない
コンビニのプリントサービスがおすすめです。当日控えを忘れた場合に空港のコンビニでも印刷できるので、これを機に各社のネットプリントサービスに登録しておいてもいいでしょう。航空会社によっては、スマホのスクリーンショットに保存した2次元バーコードでも問題ない場合があります。ガラケーの方は予約番号をメモしていく方法も。各航空会社に確認しましょう。
■eチケットの予約番号はどこにある?
予約番号は6桁の英数字です。似たものに航空券番号もありますが、こちらは13桁の数字です。申し込み方法によってeチケット控えの見方は異なりますが、「6桁の英数字」という点は共通です。

パッケージツアーのeチケット控えはどう発行する?

パッケージツアーを利用する場合でも、eチケットの控えは必要です。旅行会社で申し込んだ場合は、出発日が近くなると旅程表とあわせて控えが送られてきます。まるごと持って行けば良いので簡単ですね。(当日、空港の旅行会社カウンターで受け取る場合もあります)
旅行会社やツアー商品によっては、ネット予約した場合は自身でプリントアウトする必要があります。どれをプリントすればよいのか迷ったら、予約した旅行会社に確認しましょう。
2024年2月現在の情報です。本記事はeチケットの概要を説明したものです。航空会社、航空券の種類等によって条件は異なるため、公式サイトを必ずご確認ください。
※写真はイメージです。

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ