ホーム 旅行&おでかけ > 台湾旅行は何泊がおすすめ?何日滞在すればいい?

台湾旅行は何泊がおすすめ?何日滞在すればいい?

2024-01-26

絶品グルメ、フォトジェニックな観光スポットなど魅力がたっぷり詰まった台湾。日本からは直行便で約4時間で訪れることができるため、初めての海外旅行にぴったりです。女子旅や一人旅人気が高くリピーターも多数。子供に優しい方が多く子連れ・家族旅行先にもおすすめです。
ところで台湾旅行を満喫するには何泊、何日間あればよいのでしょうか。おすすめの旅行日数と過ごし方をご紹介します。

フライト時間、滞在時間に気をつけよう!

2024年1月現在、成田、羽田、関空など国内の主要都市から台湾行きのフライトが運航しています。近年、Peachやスクート、タイガーエア台湾などお得なLCCも就航開始し、台湾旅行がグッと身近になりました。
台湾旅行の日数を決める時、ポイントとなるのがフライト時間と現地での滞在時間。台湾への到着時間、台湾から帰国する際の出発時間によって、同じ2泊3日でも滞在時間が変わってきます。

【2泊3日】1都市集中!コンパクトに市内観光

台湾旅行で最も多い旅行日数は2泊3日、または3泊4日です。まずは2泊3日で旅程を組む場合のスケジュールをご紹介。終日フリータイムが2日目のみとなるため、1都市に滞在した市内観光が中心となります。
例えば「往路:午前便、復路:午後便、2泊3日」のスケジュールの場合、以下のような過ごし方となります。
1日目・・・午後台湾に到着。市内観光後、夜市散策
2日目・・・終日市内観光。台北101、故宮博物院など有名観光スポットへ。
3日目・・・チェックアウト後、ショッピング。午後便にて帰国。

【3泊4日】1都市プラス周辺都市にも足を延ばそう

3泊4日ならまるまる2日間フリータイムができるので、市内から少し離れたスポットにも足を延ばせます。例えば台北中心に観光する場合、3日目に九ふんにプラスして十分にも行ってみましょう。十分では店の軒先すれすれを通る平渓線や、ランタンあげを楽しめますよ。
<台北3泊4日の場合>
1日目・・・午後台湾に到着。市内観光後、夜市散策
2日目・・・終日市内観光
3日目・・・九ふん&十分を終日観光
4日目・・・チェックアウト後、市内観光。午後便にて帰国。

台湾縦断・台湾一周は何日かかる?

一度の旅行でとにかくたくさんの観光スポットを訪れたい方は、台湾南北縦断の旅や台湾一周の旅がおすすめ。台湾新幹線(台湾高速鉄道)を利用すれば、台北から高雄まで最短約1時間35分ほどで移動できます。南北縦断がメインなら1都市1〜2泊と数えて、4〜5日ほど確保しておきましょう。
<台北イン、高雄アウトの場合>
1日目・・・台北に到着、台北に宿泊
2日目・・・台北に宿泊、終日市内観光
3日目・・・台北から高雄に移動、到着後に市内観光
4日目・・・チェックアウト後、午後便にて帰国

また台湾一周も最短スケジュールでまわるなら1都市1〜2泊をもとに計算します。なお短い日程でより多くの観光スポットをまわるなら「添乗員同行ツアー」や、現地係員が案内する「観光付きプラン」がおすすめ。主要観光スポットを押さえるだけでなく、日月潭や花蓮など、主要都市から少し離れた観光スポットをもバスで案内してくれるので、同じ日程でも個人手配、フリープランより多くのスポットに訪れることができます。
<5日間で台湾一周するスケジュール、一例>
1日目・・・台北に到着、台湾新幹線にて台中へ
2日目・・・台中から日月潭、台南を経由し高雄へ
3日目・・・高雄から北上し花蓮へ
4日目・・・花蓮から九ふんを経由し台北へ
5日目・・・台北市内観光後、午後便にて帰国

台湾旅行がもっと楽しくなる!現地オプショナルツアー

先だってご紹介したように、短い日程でなるべくたくさん観光をするコツは、現地オプショナルツアーを上手に活用すること。バス等に乗って移動するので、公共交通機関を使って個人でまわるよりも効率よく観光できますよ。フリープランに組み合わせたい、おすすめのツアーをご紹介します。
・太魯閣(タロコ)観光ツアー
台湾八景のひとつ太魯閣(タロコ)渓谷は、台湾北部観光でぜひ訪れたい絶景スポット。現地オプショナルツアーなら見どころを効率よく回ることができます。リゾートホテルでいただくランチがセットになったツアーもありますよ。

・台中見どころ周遊ツアー
カラフルな彩虹眷村やスイーツが有名な宮原眼科、台湾のウユニ塩湖と呼ばれる高美湿地など、台中の見どころを1日で一気にめぐるツアー。台北〜台中間の台湾新幹線の往復チケットが含まれたツアーなら、自分できっぷを買う手間も省けます。

台湾旅行の旅行日数は3〜4日間がおすすめ!

台湾旅行を満喫するなら2泊3日または3泊4日がおすすめ。フライトと滞在時間を確認し事前にしっかり計画を立てておくこと、現地オプショナルツアーを活用することで、短い日程でも充実した観光ができるでしょう。
※空港によって出発、帰国時間が異なります。フライトスケジュールが変わる場合もあるため、行程はあくまでも参考としてご覧ください。

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ