ホーム 旅行&おでかけ > 日本離れした絶景!愛知・新城「上臈岩」スリル満点・秘境の岩峰

日本離れした絶景!愛知・新城「上臈岩」スリル満点・秘境の岩峰

2021.01.09

名山の宝庫である愛知県奥三河エリア。中でも新城最高峰「宇連山」は、豊富な登山ルートを有し、地元ハイカーに強い人気を誇っていますが、その登山ルートの途中に知る人ぞ知る絶景の展望スポットが存在します。その名も「上臈岩(じょうろういわ)」。北尾根からバリエーションルートを辿れば、まるで鳳来湖に吸い込まれるような断崖絶壁と、三ッ瀬明神山を見渡す大展望!尾根道の先に、スリル満点の圧倒的な岩峰が佇んでいます。

地元ハイカーに大人気!宇連山・北尾根奥の「上臈岩」

写真:土庄 雄平

今回紹介する「上臈岩」が位置しているのは、奥三河の名峰・宇連山の山麓。レクリエーション施設「県民の森」から張り巡らされている数々のルートのうち、東尾根と北尾根の交点から、北東へ伸びていく稜線を進むと、辿り着くことのできる岩峰です。

写真:土庄 雄平

県民の森の登山口から見れば、宇連山とは反対の方角にあるため、一緒にルートを組むことが難しく、立ち寄る人は多くないのですが、その展望の素晴らしさからマニアなハイカーに根強い人気があり、中にはこの「上臈岩」を目指して登山をするという人も!
実際に足を運べば、その人気ぶりにも納得するでしょう!なぜなら、他のどの山でも味わえない、スリルと開放感抜群の絶景パノラマを味わうことができるから。
それではまず、上臈岩への行き方から紹介していきましょう。

上臈岩への行き方!2つのルートどちらを取るか?

写真:土庄 雄平

今回紹介する「上臈岩」は、登山口となるモリトピア愛知(県民の森)より一番北東部に位置しており、標準タイムで片道3時間から3時間半。決してアクセスが良いとはいえず、ルート選定が第一の課題と言えるでしょう!
行くルートとしては、(1)登山口よりすぐ登りに入って、尾根を縦走しながら進むルート(シャクナゲ尾根→東尾根)、(2)林道から斜面を登りながら進むルート(中尾根or不動沢→東尾根)の大まかに二つがあります。

写真:土庄 雄平

体力には自信があり、山歩きの楽しさを求めるなら前者がオススメ!急登や岩場、樹林帯から展望所まで景色・道の変化が多彩で、アドベンチャーな登山を楽しむことができます。また5月いっぱいにはホソバシャクナゲの群生を見られる点も人気の理由の一つ。

写真:土庄 雄平

一方で少しでも体力を温存したい方は、後者がオススメ!特に不動沢から上がるルートについては「おしどり池」までかなり緩い内容になっているほか、炎天下にさらされることもなく、気持ちの良い森林浴が楽しめます。
またゴツゴツとした岩が散乱し、苔むした独特の雰囲気も見所のポイントです。

展望スポットも必見!「上臈岩」への尾根道が楽しい

写真:土庄 雄平

そしてルートにもよりますが、2時間から2時間半ほどで、東尾根から北尾根へと変わるルートの北東部へと到着!分かりにくいのですが、ゴールとなる上臈岩へ向かう道は、このポイントからさらに北へと分岐しています。
基本的に道は明瞭で迷うことはなく、途中に地図が描かれた標識も木々に掲げられているため、参考にしてくださいね!

写真:土庄 雄平

基本的に木々に覆われている上臈岩への尾根道なのですが、所々展望台が設けられているのがポイント!中でも第二展望台は、上臈岩の景色の素晴らしさを予感させてくれる圧巻のパノラマを見せてくれます。
新城のもう一つの名峰「三ッ瀬明神山」と、峰々に抱かれた鳳来湖。青と緑の織りなす壮大な風景に思わず立ち尽くしてしまうでしょう。

写真:土庄 雄平

またゴール手前に登場する「馬の背」も見所です。短い区間ですが、岩尾根となり景色が思いっきり開けます。遠くの山並みまで望み、稜線の爽やかな緑とのコラボレーションが最高です!
さぁここまで来たら、ゴールの上臈岩まであと少し。

日本離れした絶景!岩峰から紺碧の「鳳来湖」を望む

写真:土庄 雄平

「上臈岩」は県民の森北東部の"岩峰の総称"。そのため周囲には岩が乱立し、様々な展望スポットがあるのですが、その中で必ず押さえておきたいのが「中の上臈」。これまで進んできた稜線の末端にあたる場所です。
辿り着けばそこには、岩峰の先に紺碧の鳳来湖と、立ちはだかる明神山の山塊。高々、標高400mから見ているとは思えないほど、圧倒的なスケールを誇っています。

写真:土庄 雄平

そしてラストには、岩から鳳来湖へ吸い込まれそうになる絶景も!鳳来湖がまるで大きな川のようになって、谷筋を満たしています。
なお、一見危険に見えるものの、実はこの直下には広いスペースがあって、降りることが可能です。岩盤も硬く、ゴツゴツとした滑りにくい岩のため、慣れている方は心配いりませんが、そうでない方は恐怖心を感じたら、無理をしないようにしましょう。

写真:土庄 雄平

写真を縦で撮れば、岩峰→緑鮮やかな木々→紺碧の湖→迫力抜群の渓谷となり、どこか日本離れした風景を切り取ることができます。まさに奥三河のポテンシャルの高さを物語ってくれる絶景と言えるでしょう!

愛知が誇る秘境・新城で大自然の絶景を巡ろう!

写真:土庄 雄平

愛知県はどちらかと言えば、海や町に焦点が当たりますが、実はポテンシャルの塊なのが、奥三河エリア。今回紹介した「上臈岩」をはじめ、素晴らしい山や渓谷、滝がいたるところに存在し、しっかり準備をして入山すれば「ここは本当に愛知なのか!?」と感じられる大冒険を満喫できます!ぜひ貴方も足を踏み入れてみませんか?

上臈岩の基本情報

住所:愛知県新城市川合西山
アクセス:県民の森(モリトピア愛知)から片道徒歩3時間から3時間半
※備考
・関連MEMOで上臈岩の行き方でルートを確認してから向かうようにしましょう。
・岩場は乗り出したら危険なので、重々注意してください。
・トレッキングシューズや動きやすい服装が望ましいです。食料・水分も余裕を持って持参してください。
2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
上臈岩(外部リンク)
https://heavymoon7.exblog.jp/23695044/
上臈岩の行き方(外部リンク)
http://yamanikki.girly.jp/160515jyoroiwa.html

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
土庄 雄平

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)