ホーム 旅行&おでかけ > 海外のステイホーム事情〜ドイツ編〜

海外のステイホーム事情〜ドイツ編〜

2023-11-24

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界中の人たちが外出の自粛を余儀なくされています。
そこでトラベルjp 編集部では、世界各国に住むナビゲーターに現在の状況をインタビュー。今回はドイツ在住の藤華酉さんに、現在のドイツの様子、“おうち時間”の過ごし方、落ち着いたらぜひ訪れてほしいスポットを伺いました。
※インタビューは2020年4月28日〜5月5日に行われたものです

お住まいの地域の状況は?

――お住まいの国、都市はどこですか?
藤さん:ドイツのデュッセルドルフです。
――5月5日現在、お住まいの国・都市の状況はいかがでしょうか?
藤さん:これまではロックダウンしていましたが、4月20日より順次規制を解除しており、5月4日以降日常生活においてはほぼ正常化しました。マスクの着用や店内では1.5mの距離を置いて買い物をすることが義務付けられていますが、デパートなどの大型店、美容室、美術館なども営業を再開しています。残すところは大勢の人が集まるコンサートやお祭りなどのイベントや大規模集会のみですが、こちらは8月末までは様子を見るようです。

困っていること、苦労していることは?

おうち時間の過ごし方は?

――お住まいの国や都市ならではの“おうち時間”の過ごし方を教えてください。
藤さん:ドイツ人は日光が大好きなので、中庭の芝生の上で水着姿になって甲羅干しをしている人々を見かけます。4月はまだちょっと肌寒いのですが……。
――ご自身はどのような“おうち時間”を過ごされていますか?
藤さん:配達は許可されているため、お酒を買い込んだり、「Lieferando」というレストランの食事を配達してくれるサービスで中食を楽しんだりしています。

落ち着いたらぜひ訪れてほしいスポット

――日本の読者にむけて「落ち着いたらぜひ訪れてほしいスポット」をご紹介ください。
藤さん:ドイツ人が何より楽しみにしていたオクトーバーフェストが2020年は開催中止となり、このニュースに多くのドイツ人が衝撃を受けました。
しかし一年中ビールを楽しめるミュンヘンの名物ビアホールは、続々と営業を再開しています!オクトーバーフェストに出店されるビールは、元々ミュンヘンにある醸造所のものばかり。だからお祭りが中止になっても、ビールはいつも通りの味を楽しめるという訳です。朝もビール、昼もビール、夜ももちろんビールという、いつものミュンヘン生活が戻ってきたのは嬉しいニュースですね。
美味しいビールは家で飲んでも最高ですが、やっぱり醸造所直送の本物の生ビールの味は格別です。海外旅行が解禁された暁には、ぜひ新鮮な生ビールで乾杯をしに来てくださいね!

旅行ができる日常を取り戻すために「ステイホーム」

現在、世界中の人たちがコロナウイルス感染拡大を防ぐために「ステイホーム」をしています。外に出られず退屈だったり、ストレスが溜まったりする日々が続きますが、大掃除や料理など、自宅にいる時間が増えたからこそじっくり取り組めることもあります。さまざまな工夫でおうち時間を楽しく過ごしましょう。
1日でも早く旅行ができる日常に戻りますように。
※2020年5月現在の情報です。一部写真はイメージです。

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ