ホーム 旅行&おでかけ > 京都「AWOMBこころみ」でEat&Get! 新食感お蕎麦と雑貨

京都「AWOMBこころみ」でEat&Get! 新食感お蕎麦と雑貨

2021.01.21

美しくておいしい手織り寿しで大人気の京都「AWOMB(あうーむ)」。そのグループ店「AWOMBこころみ」は、京都土産にぴったりの雑貨が揃っている他、宿に帰って楽しめるテイクアウト寿司にもファンが広がっています。さらにこの冬、2階をリニューアルしてイートインスペースに! 新食感で注目されるメニューをご紹介します。

烏丸本店横にある「AWOMBこころみ」

写真:なおぢ はるみ

「AWOMBこころみ」は、AWOMB烏丸本店の隣にあります。風情ある町家にトレードマークの三角がデザインされた提灯が掛けられ、お持ちかえり窓口のサインが目印。

写真:なおぢ はるみ

京町家ならではの奥に長い店内の入り口には、粋な古物やお寿司にまつわる雑貨が並んでいます。奥にはオリジナルウエアも揃っていますよ。

写真:なおぢ はるみ

2階に上がると、開放的でゆったりした席数のイートインカウンターがあります。京都らしい侘び寂びを感じつつ、お洒落にリノベーションされた空間でゆっくりと食事ができます。

カジュアルで新しい“京料理”を発信

写真:なおぢ はるみ

「AWOMBこころみ」で、ぜひチョイスしたいのが“手織りそば”。イートインでしか味わえないメニューです。
丹波の黒豆きな粉が練り込まれたAWOMB特製“そば”、根菜ベースの野菜・出汁・豆乳で仕上げた“すりながし ぽたー汁”、特製葱油、合わせ醤油、鰹節、季節のすりながし、3種の薬味、低温調理された鶏ハムと、盛り沢山なお膳ですね。

写真:なおぢ はるみ

一般的に蕎麦と言えば、サラッとしたつゆに蕎麦をつけてズルッといただくイメージがあるなか、トロリとした“すりながし ぽたー汁”に太麺のもっちりした“そば”を絡ませていただくAWOMB特製“そば”のスタイルは、これまでにない新食感!
さらに面白いのは、薬味や葱油などを組み合わせて好きな風味に仕上げたり、味変させたりして、楽しみながら食べる体験型のメニューであること。新しいスタイルですね。

写真:なおぢ はるみ

甘味メニューも見逃せません。
例えば、画像は“頬張る果実 蜜柑”。八角の薫りがする果肉酢を吉野葛で溶いたシロップに、炙り蜜柑が丸ごと盛られた美しい一皿です。
木のスプーンで一房くずし、果肉酢をトロリ纏わせて頬張ると、ジューシーな甘味と柔らかな酸味のマリアージュが口の中に広がります。おいしいだけじゃなく、体にも良さそう!
目と舌で楽しむイートインメニューに、首っ丈になるでしょう!

旅史上、最強のテイクアウトメニュー

写真:AWOMBこころみ

「AWOMBこころみ」は、AWOMBのテイクアウトメニューの受け渡し窓口でもあります。
イートインで長い行列ができるほどの看板メニュー“手織り寿し”も、持ち帰りで注文することが出来るというのは、かなり嬉しいニュースです。
約40種類の食材が並ぶ美しさはもちろん、京丹波米ブレンドの十五穀米のシャリと好きな食材を自由にアレンジし佐賀県有明海産の焼海苔に巻いていただく楽しさは、テイクアウトも同じ。これを食べなきゃ、京都の旅が終わりませんよ。
※電話またはネット予約にて。“手織り寿し”は前日までに要予約。

写真:AWOMBこころみ

テイクアウトメニューには、特製の日常寿しとして、“頬張り寿し菜”“頬張り寿し肉”“頬張り寿し魚”の3品も用意されていて、これまた食べずにはいられない美味しさ!
上画像は、旬の野菜をふんだんに使用した“頬張り寿し菜”。野菜の食感と味わいを存分に味わえる、AWOMB特製の日常ちらし寿し弁当には、味の染みた煮卵なども入っているから、ヘルシーながらもしっかり食べ応えがあります。
※電話またはネット予約にて。当日予約も可。
これからは、人気店のメニューを宿で安心してゆっくり食べるというのも、旅の新しい様式ですね。

美味しいラインナップ

写真:なおぢ はるみ

「AWOMBこころみ」にある商品は、こだわりのラインナップ。絶対チェックしたいのは、看板メニューが手織り寿しというAWOMBだからこそ自信を持ってオススメという食材です。
こちらの寿し酢は、おうちでもAWOMBのようなシャリを味わえるというオリジナル商品。家で手織り寿司を作ってみたいという方は、マストですよ!

写真:なおぢ はるみ

寿しと言えば、やっぱりガリは外せませんよね。「AWOMBこころみ」にもちろんあります、自家製ガリ。
京都・東山にあり江戸時代から続く村山造酢の千鳥酢を使って作られたAWOMBオリジナルのガリは、甘すぎないスッキリした味わいです。スイーツにも合うってところが、見逃せない!

写真:なおぢ はるみ

AWOMBのドリンクメニューのお茶も、こちらで買えます。
京都府南丹市美山町に野草専門の工房を構える“美し山の草木舎”の3種のお茶がオススメです。
抗酸化作用があると言われるドクダミやスギナをブレンドした“からだおいしいお茶”、眼精疲労に良いとされるハブ茶“おなかおいしいお茶”、心が安定すると言われる赤紫蘇の“こころおいしいお茶”。
飲むだけで身も心もキレイになれそうな、いずれも女ゴコロをくすぐる3種は、価格も手頃なので自分用にも女友達へのお土産にもぴったりです。

オリジナルウエアブランド“きるもの”

写真:なおぢ はるみ

「AWOMBこころみ」の店奥スペースは、AWOMBオリジナルのファッション雑貨が並んでいます。
AWOMBスタッフのワークウエアを、日常着として進化させたオリジナルブランド“きるもの”は、ジャケットやローブ、パンツ等があり、白と黒のほかシックなナチュラルカラーで展開されています。

写真:なおぢ はるみ

一押しは、京都らしい粋な羽織りもの。素材・カタチともに、通気性を確保しながらも強い日差しから肌を守るフォルムです。
背の襟下には、同布でAWOMBの三角マークが縫ってあるというディテールも、さりげなくてオシャレ!

写真:なおぢ はるみ

三角モチーフのリュックは、白と黒があります。ベルト調整ができて、たっぷり入るデイリー使いが楽しそうなこちらのバッグ、もちろんメイドイン京都!
京都ファッションを旅行土産にという洒落たトラベラーが続出しそうです。
京都らしい粋な食とお土産選びが堪能できる店「AWOMBこころみ」は、間違いなく、京都旅のマストショップですよ!

AWOMBこころみの基本情報

住所:京都市中京区姥柳町189(AWOMB烏丸本店の隣)
電話番号:075-203-6811
アクセス:
地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩7分/阪急京都線「烏丸駅」より徒歩7分
休業日:不定休
営業時間:12:00〜18:00(テイクアウトメニューの電話予約は10:00受付開始)
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
AWOMB(外部リンク)
http://www.awomb.com/
AWOMBおもたせ特設サイト(外部リンク)
https://awomb-studio-online-store.square.site/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
なおぢ はるみ

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)