ホーム 旅行&おでかけ > 大分くじゅう高原「べべんこ」でテラス席の絶景とブランド肉を!

大分くじゅう高原「べべんこ」でテラス席の絶景とブランド肉を!

2021.05.01

大分県のブランド肉といえば「豊後牛」「九重夢(ここのえゆめ)ポーク」が有名ですが、その主な産地は大分県西部の「くじゅう高原」エリアです。平均標高が800m〜1,000mの高原地帯で畜産業が盛んなエリアです。畜産家が経営する農家レストラン「べべんこ」は、豊後牛や九重夢ポークを使ったメニューが豊富で、テラス席からはくじゅう連山の絶景も楽しめますよ!

巨大な牛のモニュメントが目印の「べべんこ」

写真:藤谷 ぽきお

農家レストラン「べべんこ」は、「くじゅう高原」の入り口に位置しています。くじゅう高原は阿蘇くじゅう国立公園にも指定されており、別府市内からは県道11号線を使って車で1時間強、途中の湯布院温泉からは40分ほどで到着できます。

写真:藤谷 ぽきお

県道沿いにあるレストラン駐車場の入り口には、巨大な牛のモニュメントがあり、どこからでも一目瞭然!迷うことはありませんよ。

写真:藤谷 ぽきお

畜産家による家族経営で、レストランは高台の草原に平屋で建てられています。建物軒下のテラス席や完全な外のテラス席など、高原の眺めを間近で楽しめる作りも大人気の秘訣です。

テラス席からはくじゅう連山の絶景が!

写真:藤谷 ぽきお

テラス席からのくじゅう連山の眺めは最高です。特に晴れた日には、黒岳・平治岳・三俣山・硫黄岳など、山々の連なりが一望できる絶景を楽しむことができます。

写真:藤谷 ぽきお

そんな絶景をバックに、手作りの「べべんこ」看板と木製の子牛のモニュメントは写真撮影の絶好のポイントです。
ちなみに「べべんこ」とは、大分県の方言で「子牛(こうし)」のことを指します。

写真:藤谷 ぽきお

子どもたちに大人気のテラス席は「スタードーム席」です。ジャングルジムの中に居るような楽しいテラス席ですよ。

大分県の二大ブランド肉!豊後牛と九重夢ポークを食す!

写真:藤谷 ぽきお

一番人気のメニューは「豊後牛焼肉丼」です。畜産家が経営するレストランだけあって、そのお肉の品質・美味しさ・コスパは抜群ですよ。そのお肉の厚みはステーキ級!

写真:藤谷 ぽきお

「九重夢ポーク」を扱う人気メニューは「夢ポーク串焼き丼」です。甘いタレで味付けされたご飯の上に、生キャベツと炒めた玉ねぎが乗せられ、更にその上に分厚くカットされた夢ポークを串焼きにして丼ぶりにしたものです。
左手で串焼きを、右手で丼ぶりを豪快に食べることのできる満腹丼です。

写真:藤谷 ぽきお

子どもたちに大人気なのが「豊後牛コロッケ定食」です。二種類のコロッケは「カレー味」と「牛肉コロッケ」ですが、どちらにも豊後牛のミンチ肉がゴロゴロと入っていて食べ応え十分。とんかつソースとの相性も抜群です。
また、定食に付いてくるお味噌汁にもこだわりが!地元JA婦人会の手作り赤味噌で、まさに「おふくろの味」がしますよ。

お土産や写真ギャラリーも充実

写真:藤谷 ぽきお

店内には九重町内の特産品がずらりと並べられています。かぼすや柚子を使ったピリ辛な調味料「かぼすコショウ」「柚子コショウ」は、大分県民には無くてはならないものです。また、すべて手作りの「甘酒」「醤油」「焼肉のたれ」も、JA九重飯田の女性部による特製で、大人気の商品ですよ。
また、周辺の風景写真なども店内に飾られていて、田植え・秋の紅葉・山の早朝など、四季折々のくじゅうの風景を見ることができます。

畜産家ならではの動物ふれあいコーナーも併設

写真:藤谷 ぽきお

駐車場の一角には、動物ふれあいコーナーが設けられ、馬・ヤギ・リャマへエサやり体験を楽しむことができます。動物たち一匹一匹には可愛い名前が付けられ、特徴や生まれた時のエピソードなどが書かれた看板も設置されています。
特に子どもたちに大人気のコーナーなので、ご家族連れはぜひ帰り際に立ち寄ってみて下さい。

農家レストラン「べべんこ」の基本情報

住所:大分県玖珠郡九重町大字田野2407-1
電話番号:0973-79-3110
営業時間:10:00〜16:30
アクセス:車で由布院ICを降り、県道11号線「やまなみハイウェイ」をくじゅう飯田高原方面へ約30分ほど
2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
農家レストラン「べべんこ」(外部リンク)
http://www.eaglefarm.net/bebenko/
涼を求め「くじゅう高原」へ!タデ原・男池・豊後牛グルメも
https://www.travel.co.jp/guide/article/44455/
由布院「YUFUiNFO(ゆふいんふぉ)」が便利で居心地よすぎるワケ
https://www.travel.co.jp/guide/article/33056/
九州の屋根・くじゅう連山を支える「長者原ビジターセンター」が凄い!
https://www.travel.co.jp/guide/article/34188/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
藤谷 ぽきお

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)