ホーム 旅行&おでかけ > 冬の絶景と感動体験!「星野リゾート トマム」子連れファミリー旅

冬の絶景と感動体験!「星野リゾート トマム」子連れファミリー旅

2020.12.22

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」のウィンターシーズン。広大な敷地を利用した多彩なアクティビティや氷の街「アイスヴィレッジ」、霧氷テラスのライトアップなど冬シーズンならではの楽しさが盛りだくさんです。経験豊富なインストラクターに教えてもらえる「雪ッズ70」 は子連れにぴったりなアクティビティ!「星野リゾート トマム」の冬のファミリー旅にご案内いたします。

星野リゾート式スキーレッスン「雪ッズ70」

写真:ひいろ あいこ

「星野リゾート トマム」には雄大な自然に囲まれたゲレンデがあります。北海道ならではのふわっふわのパウダースノーで雪質は最高。板やブーツのセットはもちろん、ウェアやグローブなど必要なアイテムは全てレンタル可能です。レンタル品はなんと全てがスキー&スノーボードのトップブランドであるアトミック社製。
一流ブランドを揃えるとなるとそれなりの金額がかかります。成長の著しい子どもだからこそ毎年レンタルするというのも賢い選択肢かもしれませんね。

写真:ひいろ あいこ

ファミリー旅なら1人1人のレベルに合わせて受けることのできるプライベートレッスン「雪ッズ70」がおすすめ。スキー未経験の初心者から競技レベルまで対応しています。
スキー未経験者の子にはスキー板を履くところから丁寧にレッスンしてくれます。子どもだけでレッスンをしてもらうことが可能なので、戻ってきた子どもの成長を見て驚くことでしょう。

写真:ひいろ あいこ

スキーデビューがまだの小さな子は、ソリ遊びを楽しみましょう。ふかふかの雪なので多少転んでも痛くありません。ソリ遊びにも絶好のコンディション!北海道の最高な雪質をぜひお子さんと楽しんでみてください。

雪山の絶景!冬だけの景色「霧氷テラス」

写真:ひいろ あいこ

「雲海テラス」が有名な星野リゾート トマムですが、冬ならではの絶景「霧氷」も見逃せません。「霧氷」は氷点下で凍った空気中の水分や霧が木々に付着する現象です。標高1,088メートルに位置するトマム山では、冬季は「霧氷テラス」をオープン。ゴンドラに乗ってこの時期しか見ることのできない絶景に逢いに行ってみましょう。

写真:ひいろ あいこ

夕方からは霧氷テラスのライトアップも開催されています。光に照らされて浮かび上がる真っ白な霧氷で、夜はより幻想的な空間となります。夜はかなり冷え込みますので暖かくしてお出かけください。
<霧氷テラスライトアップ>
期間:2020年12月1日(火)〜2020年12月25日(金)
営業時間:16:30〜18:00上り最終 18:30下り最終

写真:ひいろ あいこ

ゴンドラを降りた場所にほど近い「てんぼうかふぇ」では霧氷をイメージしたスイーツやドリンクを楽しむことができます。写真は真っ白な雪景色のような「霧氷ロールケーキ」と霧氷をイメージした繊細な飴細工が乗った「霧氷コーヒー」。澄んだ空気と絶景の中楽しむティータイムは最高のご褒美ですね。

インパクトも美味しさも大!「海鮮こぼれフェス」

写真:ひいろ あいこ

冬季限定で開催される「海鮮こぼれフェス」はぜひとも体験していただきたいイベント。ゲレンデ中腹にある「ホタルストリート」の「cafe&bar つきの」が会場となります。イクラやカニ、ウニやマグロ、サーモンなどの海鮮を、ご飯の上からこれでもかとこぼれるくらい豪快に盛り付けられたお寿司は必見です!

写真:ひいろ あいこ

中でも注目は「メガこぼれ寿司」。スノーリゾートらしく70センチのスキー板に盛り付けられて運ばれてきます。周囲の人たちからも歓声が起こるほどのインパクト!
イクラ、カニ、マグロ、ウニ、ホタテ、サーモンが名前の通りこぼれんばかりに盛られてきます。その高さなんと約15センチ!ストックをイメージした取り分け箸でみんなで食べれば、海鮮と一緒に笑顔もこぼれること間違いなしですね。

写真:ひいろ あいこ

海鮮がまだ食べられないというお子様も安心。cafe&bar つきのでは贅沢な牛肉のパティを使用したハンバーガーも食べることが可能です。大人は海鮮を存分に、子どもたちはハンバーガーという楽しみ方もできますよ!

秘密基地「コタ」でのバームクーヘン作り

写真:ひいろ あいこ

スノーアクティビティ以外にも手作り体験も豊富です。おすすめは「バームクーヘン作り」。開催場所は雪原の中に広がるテント「コタ」。「コタ」とはフィンランドのテントのこと。集合場所からコタまでは雪道を散策していきます。スタートからワクワクドキドキの始まりです。
道の途中には動物の足跡が!どんな動物の足跡を見つけられるかは現地でのお楽しみ。

写真:ひいろ あいこ

雪原に佇むコタはまるで秘密基地。小さな入り口を入ると中央に炭の焼き台があります。
早速バームクーヘン作りスタート。柔らかくなったバームクーヘンの生地を竹に流して炭火で素早く回しながら焼きます。初めは結構難しく、コツを掴むまでは少し大変かもしれません。大人と子どもで共同作業。素敵な思い出になりますね。

写真:ひいろ あいこ

何回も何回も塗って焼いての作業を繰り返し、年輪を重ねていきます。生地が全てなくなったところで完成。焼きたてを切っていただきます。
自分で作ったほかほか作ったバームクーヘンをほうばる子どもの笑顔はかけがえの無いもの。何ものにも変え難い思い出になりますね。普段はなかなかできない体験は旅ならではの醍醐味です。

幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」

写真:星野リゾート トマム

幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」もリゾート内にオープン。広大な敷地には本格的なバーや雑貨屋さんなど10棟の氷のドームが立ち並びます。アイスリンクや氷の滑り台など子どもと一緒に楽しめるコンテンツもあります。冬の夜にだけ現れる氷の街「アイスヴィレッジ」は、トマムの冬の風物詩ともなっています。

最後に「星野リゾート トマム」の冬のファミリー旅を動画にまとめましたのでよろしければご覧ください!

「星野リゾート トマム」で家族の素敵な冬の思い出を!

冬しか見ることの出来ない絶景とウィンターアクティビティ。非日常を感じることのできる感動体験の数々がここにはあります。北海道の大自然の中、「星野リゾート トマム」で家族揃って冬の素敵な旅の思い出を!
2020年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:星野リゾート トマム

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
ひいろ あいこ

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)