ホーム 旅行&おでかけ > DHC運営!伊豆高原「赤沢温泉ホテル」で海のパワーチャージ

DHC運営!伊豆高原「赤沢温泉ホテル」で海のパワーチャージ

2021.01.14

伊豆高原の海を望む高台に建つ「赤沢温泉ホテル」は、DHCがプロデュースするスパリゾート「伊豆赤沢温泉郷」内のホテル。
海との一体感を味わえる展望露天風呂や近海でとれた地魚料理、水深800mから汲み上げた海洋深層水の製品やサービスなど、海のパワーで身も心も美しく健康になれるリゾートライフが満喫できます!

森と海に囲まれた「赤沢温泉ホテル」

写真:株式会社ディーエイチシー

静岡県の伊豆高原にある「赤沢温泉ホテル」は、化粧品や健康食品などで知られるDHCがプロデュースするスパリゾート「伊豆赤沢温泉郷」内のホテル。
約24万平方メートルの敷地内には、赤沢温泉ホテルの他、日帰り温泉施設やフィットネスクラブ、スパ、エステなど、美容と健康にうれしい施設が点在しています。

写真:Kaycom D

太平洋を望む高台に建つホテルからは、館内のいたるところから真っ青な海が一望でき、特に露天風呂からの景色は圧巻!

写真:Kaycom D

伊豆赤沢温泉郷では、赤沢沖の日本一深い水深800mから汲み上げた新鮮な海水を利用し、様々な製品やサービスを提供。
本館と南館を結ぶ通路には、赤沢海洋深層水に関する展示がされています。

海の中に浮かぶような感覚を味わえる絶景露天風呂

写真:株式会社ディーエイチシー

ホテルの温泉は、湯量豊富な54度の源泉で、刺激の少ない低張泉のお湯。
本館3階には、赤沢石をふんだんに使った「岩風呂」と、檜の香りが心地よい「檜風呂」があります。それぞれ、大海原が目の前に広がる露天風呂があり、お湯につかると海との境がなくなるように設計。まるで海と空の間に浮かんでいるような感覚です。
※岩風呂と檜風呂は男女日替わり
また、ホテル最上階には、屋上展望露天風呂「天穹の湯」があり、昼は太平洋や天城連山、夜は満天の星が楽しめます。洗い場がひとつしかないので、3階のお風呂で体を洗ってから行くのがよいでしょう。

写真:株式会社ディーエイチシー

赤沢温泉ホテルに宿泊すると、隣接する「赤沢日帰り温泉館」を無料で利用することができます。
日本最大級の幅25メートルを誇る「眺望露天風呂」や、大自然のパノラマが広がる「展望露天風呂」からの景色は大変素晴らしく、この開放感は他ではなかなか味わえないスケール。
内湯には、DHCのスキンケア効果のある入浴剤と、老廃物をリセットする入浴剤が入った樽風呂と壺風呂も完備されています。

写真:Kaycom D

日帰り温泉館には、一面ガラス張りのお休み処やレストラン、ラウンジなどもあるので、海を眺めながら一日ここで過ごすことも可能。お休み処は、約100畳ある畳敷きの部屋なので、寝っ転がって休めるのも嬉しいですね。
別料金で露天風呂付個室や、タイ古式マッサージ、エステなども利用できます。

全室海に面したテラス付きの部屋

写真:株式会社ディーエイチシー

赤沢温泉ホテルの客室は、本館・南館あわせて全77室。さすがリゾートホテルだけあって、一番コンパクトなスタンダードの部屋でも、39平方メートルというゆったりさ!
露天風呂付きの部屋もあるので、静かに温泉を楽しみたい人におすすめです。
※写真は、スタンダード洋室

写真:株式会社ディーエイチシー

ホテルのほとんどの部屋は、目の前に太平洋が見渡せるオーシャンビューとなっています。テラスに出れば、潮騒と潮風が心地よく、日ごろの疲れも癒されるはず。

写真:Kaycom D

アメニティは、チェックイン時にDHCの化粧品セットがもらえます。そして部屋にあるミネラルウォーターやお茶、お菓子もみんなDHC製品!
館内着は浴衣が用意されていますが、フロントで作務衣のリクエストも可能です。
※お菓子の内容は日によって変わります

伊豆近海の地魚料理や50種類以上のバイキング

写真:株式会社ディーエイチシー

ホテルでの食事は、海の見えるレストラン「綺羅」でいただきます。
夕食は、伊豆近海でとれた新鮮な魚介類をはじめ、山の幸など四季折々の旬の食材を使った和食会席。コース料理の他に、伊勢海老やサーロインステーキなどの一品料理もあります。

写真:Kaycom D

朝食は、和洋食のバイキングで、約50種類以上の料理が並びます。たくさんあって迷ってしまいますが、おすすめメニューは、焼き立ての干物や金目鯛の煮つけ、毎日ホテルで焼いているグラタン、グリーンスムージーなど。デザートの焼きプリンも好評です。

写真:株式会社ディーエイチシー

また、夕食なしのプランなら、伊豆赤沢温泉郷の敷地内にある「ビストロ赤沢伊豆高原」でいただくのもおすすめ。
赤沢漁港直送の鮮魚や静岡産のブランド牛、丹那ハコ豚などを白煉瓦作りの石窯で焼き上げたオーブン料理が楽しめるフレンチレストランで、世界各国から厳選した約20種類以上のワインも用意。
アラカルトでは「ビーフ100% 石窯焼ハンバーガー」や「本日の石窯焼ピッツァ」などが人気です。
ランチは、土日祝・繁忙期のみの営業で、ランチコースはホテルのフロントでの予約手配も可能。

広大な森の中に点在するDHCの施設

写真:Kaycom D

広大な伊豆赤沢温泉郷の敷地内には、フィットネスクラブやスパ、ボウリング場、プールハウス、テニスコートなどの施設があります。
フィットネスクラブでは、気軽な健康チェックから本格的なウェイトトレーニングまででき、ホテル宿泊者は無料で利用することができます。トレーニングウェアやシューズなどもレンタルできるので手ぶらでOK。
シャワーブースやパウダールームには、DHCのシャンプーや基礎化粧品が用意されています。

写真:Kaycom D

フィットネスクラブの隣には、海洋深層水を使用した「赤沢スパ」があります。
フランス発祥の海洋療法「タラソテラピー」の発想をもとに生まれた海洋深層水プールや、タラソテラピーの考え方を取り入れたエステティック・トリートメント「ディープシースパ」などが利用でき、心身ともに癒されること間違いなし!
また、スパの入り口にはDHCの直営ショップがあり、DHCの化粧品やサプリメントなどをお得なセール価格で購入することができます。

写真:Kaycom D

敷地内の移動は、無料送迎バスの他、電動カートを利用することも可能。森の清々しい空気の中、風を切って走るのはとても爽快なので、天気の良い日にはぜひ利用してみてください。
各施設には歩いても行ける距離なので、森林浴をしながら散歩するのもおすすめです。

「赤沢温泉ホテル」を拠点に伊豆赤沢温泉郷を満喫しよう!

今回ご紹介したように、ホテルのある「伊豆赤沢温泉郷」には様々な施設があるので、敷地内だけで一日楽しめる場所です。
日帰り温泉館には、11時から営業しているレストランもあるのでランチも問題なし。
※「ビストロ赤沢伊豆高原」は、土日祝・繁忙期のみランチ営業あり
また、伊豆高原駅と各施設を結ぶ無料送迎バスが運行しているので、周辺の観光に出かけるのも便利。車の場合は、無料駐車場を利用できます。
それぞれの施設がそれぞれの分野で、本格的な設備やサービスを提供しているので、どこを利用しても高い満足度が得られると思います。
ぜひ連泊してDHCのおもてなしを堪能してください!
2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
伊豆赤沢温泉郷
https://www.izuakazawa.jp/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
Kaycom D

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)