ホーム 旅行&おでかけ > 「マスタードホテル渋谷」で感性を磨く東京旅はいかが?

「マスタードホテル渋谷」で感性を磨く東京旅はいかが?

2021.01.17

渋谷にある「マスタードホテル渋谷」を皆さんはご存知でしょうか?
あらゆる流行の発信地である渋谷では、日々新しい情報が発信されていますが、ここ「マスタードホテル渋谷」でも従来のホテルらしからぬ、ファッション、音楽、アートの流行を発信しています。
普段のホテルに物足りなさを感じ始めた方にとって刺激的に感じるホテルであることは間違いなしです。ムーブメントの発信地「マスタードホテル渋谷」をご紹介します!

「マスタードホテル渋谷」ってどんなホテル?

写真:鈴木 沙絵

2018年10月に建てられた「マスタードホテル渋谷」。
渋谷再開発プロジェクトでオープンした、「渋谷ブリッジ」の中にあるホテルです。
建物をよく見てみると、少しカーブしていることに気づきます。ここは東横線の旧線路跡であり、ホテルの地下には東急東横線が走っているので、建物も線路に合わせた作りになっています。
また、ここは東急グループの建物ということもあり、「マスタードホテル渋谷」内も電車を思わせるデザインが施されているので、そんな視点で内装を見てみるのも面白いです。

写真:鈴木 沙絵

「マスタードホテル渋谷」は、渋谷と代官山の境目に建てられているので、東京観光するには最適です。もともと海外の旅行者が多かったのですが、定期開催されるホテル主催のアートイベントを知る方が増えたこともあり、日本人の宿泊者も年々増えてきました。
最近では、特定の住所を持たずに生活する「アドレスホッパー」も増えているので、ここ「マスタードホテル渋谷」にも、長期滞在者が増えています。

写真:鈴木 沙絵

「M&A」という大人気インテリアブランドをご存知でしょうか?「マスタードホテル渋谷」には、その「M&A」とコラボして作った家具を置いています。ホテルのイメージカラーであるマスタード色にホテルのセンスの良さを感じます。
コラボ家具はホテルのwebサイトでも販売しているのですが、すぐにSold Outになってしまうほどの人気っぷり。コレクターも多いので、家具好きの方はぜひ必見です!
ちなみにお部屋の家具は、ホテルのオリジナル家具なのでそこも楽しめるポイントです。

こだわり満載の部屋作り

写真:鈴木 沙絵

まず目を引くのは、ホテルの廊下です。
床も壁も全て真っ白。宇宙船がイメージというのも納得です。電灯は、電車のレールを思わせるデザインという点も、地下に東急東横線が走っているだけあります。
「情報量の多い渋谷だからこそ、ホテルのデザインはシンプルにしたかった」その想いがこの廊下に表れています。ちなみに、この廊下でファッション関係の撮影が行われることもあるんですよ!

写真:鈴木 沙絵

お部屋はホテルのイメージ通り、洗練されたシンプルな空間になっています。アメニティも環境に配慮をして無駄なものは置かないということを徹底しています。
お部屋や家具を眺めていると、英語と数字の印字がいたるところに書かれていることに気がつきます。「デザインの中に工業感を出したかった」という想いがあっての印字ですが、お部屋の広さやインテリアのサイズを示しているものなど様々あり遊び心を感じさせられますね。ぜひ、お部屋の中に書かれている印字を探してみてくださいね。

写真:鈴木 沙絵

こちらは何だかわかりますか?
こちらはお部屋の床なのですが、宿泊客に「ベッドの下にバック置き場があるよ!」ということを示してくれている印字です。わざわざ荷物の置き場を示してくれているところがなんともユニーク。「マスタードホテル渋谷」らしい感性の豊かさを感じますね。

ホテルのおしゃれカフェでモーニングを食べよう!

写真:鈴木 沙絵

マスタードホテルには、「Megan – bar & patisserie」というカフェが併設されています。宿泊者には、1泊につき1枚のMeal Ticketという朝食券がプレゼントされます。
700円分まで無料になるので、かなりお得ですよ。

写真:鈴木 沙絵

「Megan – bar & patisserie」は、宿泊者以外のお客様も利用ができるので、朝から非常に賑わっています。モーニングだけを楽しみにマスタードホテルにいくのもオススメです。
健康に気を使った食事メニューがたくさんあるだけでなく、インスタ映えするようなメニューも多いので、おしゃれ好きな方にぜひ足を運んでいただきたいカフェです。

写真:鈴木 沙絵

ちなみに「Megan – bar & patisserie」の店内には、アナログレコードでの音楽が流れています。それもあり、お店の奥にはたくさんのアナログレコードが置いてあります。
定期的にDJの方を呼んだイベントも行っていますが、イベントを通じてアナログレコード文化を発信していきたいという想いも、「マスタードホテル渋谷」のかっこよさを感じます。また、音楽好きにはたまらない「MCINTOSH」という貴重なアンプも置いてあるので、ここも必見。

まだまだある!「マスタードホテル渋谷」の魅力

写真:鈴木 沙絵

皆さんは、東京の街を自転車で回ったことはありますか?
ここ、「マスタードホテル渋谷」には自転車のレンタルサービスがあります。普段自転車に乗る方も乗らない方も、東京の街を自転車で散策してみてはどうでしょう?新たな東京の顔を見つけられるかもしれません。

写真:鈴木 沙絵

「マスタードホテル渋谷」のレンタルサービスは自転車だけではありません。なんとスケートボードも貸し出しをしています。
「ストリートカルチャーを発信していきたい」というホテルの想いが、このスケートボードのレンタルサービスにも表れていますね!

写真:鈴木 沙絵

ホテルのレセプションには、KIOSKというグッズ売り場が併設されています。
「マスタードホテル渋谷」では、「CREATORS IN MUSTARD」という取り組みが行われています。海外の「Artist in Residence」の取り組みと同じものですが、国内外からアーティストを一定期間招待して、滞在中の活動を支援する取り組みのことです。
人気のあるアーティストの方とのコラボも多く、そのコラボで作られたグッズがこのKIOSKで販売されています。活動の背景にも感動を覚えますが、心踊るデザインのグッズばかりなので、多くの方に手に取っていただきたいです。

「マスタードホテル渋谷」は東京を代表するカルチャースポット

いかがでしたでしょうか?
音楽やファッションなど、ストリートカルチャーを発信しているこのホテルは、まさに渋谷だけにとどまらない東京を代表するカルチャースポットだと言えます。
何か新しいことにチャレンジしたい方、最近の日常に物足りなさを感じている方、おしゃれが好きな方。様々な方の感性を刺激してくれるはずです。
ぜひ、一度「マスタードホテル渋谷」に足を運んでみてくださいね。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
マスタードホテル渋谷公式サイト(外部リンク)
https://mustardhotel.com/shibuya/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
鈴木 沙絵

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)