ホーム 旅行&おでかけ > こんな徳島知らなかった!「4S STAY 阿波池田 本町通り」を拠点に「にし阿波」女子旅

こんな徳島知らなかった!「4S STAY 阿波池田 本町通り」を拠点に「にし阿波」女子旅

2021.01.22

今回ご紹介する徳島の旅は、東部の徳島市や鳴門市とは反対方向の徳島県西部の「にし阿波」と呼ばれるエリア。まだまだ全国的に知られていないスポットの宝庫で、人ごみを避けてゆったりと過ごせる穴場です。
今回は阿波池田駅近くにオープンしたオシャレで快適な「4S STAY 阿波池田 本町通り」を拠点とした、「にし阿波」で体験できる女子旅にぴったりなプログラムをご紹介します。

「にし阿波」女子旅の拠点は「4S STAY 阿波池田 本町通り」

写真:東郷 カオル

2020年4月オープンの「4S STAY 阿波池田 本町通り」は、“うだつ”の家々が並ぶ歴史ある町並みに佇む築120年以上の町屋を改装したホテル。四国周遊旅の拠点として便利な阿波池田駅が最寄の、プライベート性に優れたお宿です。
建物は、もともとは呉服商だった歴史のある立派な町屋。この大きな建物をたった2組のみが滞在できるように、贅沢な空間を持つ宿泊施設にリノベーション。風情ある格子窓の外観は、歴史ある町並みを一層魅力的に見せる“映えスポット”でもあります。夜になるとまた違った表情を見せてくれますので、是非夜のお食事や趣のある街歩きも楽しんでみてください。

建物内には独立した2つのメゾネット

写真:岡本大樹

建物に入ってすぐのエントランスは格子窓から柔らかな光が入り、通りを往来する人々の様子をまるで住人になったかのように眺めることのできるスペースになっています。
すぐ奥は2つのメゾネットに続くアプローチですが、こちらは明るいエントランスとは一転。住み慣れた家へと帰る路地のような落ち着いた空間が設けられています。建物の中心に路地が配置されていることで、2つのメゾネットはそれぞれ高いプライベート性が保たれています。

写真:東郷 カオル

2つのメゾネットはそれぞれ「庭」「町」と名付けられています。今回は「庭」タイプのメゾネットをご紹介しましょう。1階にはリビングとバスルーム、ミニキッチン。冷蔵庫にはウェルカムバスケット(マフィンなど)が用意されています。ミネラルウォーターやコーヒーもありますので、荷ほどきした後はお庭を眺めながらホッと一息。

写真:東郷 カオル

路地の奥は庭(共有スペース)へ繋がっています。日中の利用だけではなく、夜もライトでほのかな灯りがありますので、夕暮れ時に徳島のクラフトビールや池田の地酒を持ち込んで楽しむのもおすすめです。
※周りは住宅街です。迷惑にならないように、特に22時以降は静かに過ごしましょう。

2階スペースは寝室として

写真:4S STAY 阿波池田 本町通り

2階にはベッドルームと和室があります。ベッドルームにはシモンズベッドが2台。窓からは中庭が見下ろせます。
ベッドボードの上には徳島らしく藍を使ったインテリアも。部屋や階段には、建物が呉服商だった時代の広告のレプリカが飾られ、真新しい宿の中にも町や建物の歴史との調和が見られます。

写真:東郷 カオル

通りに面したモダンな和室には布団を敷くことができますので、グループでの旅行や、小さなお子さんのいる家族旅行にも使い勝手抜群です。
<4S STAY 阿波池田 本町通りの基本情報>
住所:徳島県三好市池田町マチ2467-1
アクセス:阿波池田駅から徒歩約7分

歴史、文化、自然…阿波池田の観光

写真:岡本大樹

ホテルのすぐ横には、幕末から明治にかけて刻みたばこで栄えた阿波池田の歴史を今に伝える「阿波池田うだつの家 たばこ資料館」があります。ぜひこちらにも足を運んで阿波池田の歴史に触れてみてください。
ここはもともとは刻みたばこで財を成した豪商のお屋敷で(旧真鍋家邸宅)、美しい庭園や、京都から職人を呼び寄せて造らせた趣向を凝らした座敷が当時の繁栄を今に伝えています。刻みたばこに関する展示も充実していて、昔のたばこのパッケージのレトロなデザインも見どころです。
町の歴史を知ると、築120年の町屋ホテルでの滞在もより一層印象深いものとなるでしょう。
<阿波池田うだつの家 たばこ資料館の基本情報>
住所:徳島県三好市池田町マチ2465-1
アクセス:阿波池田駅から徒歩約7分、「4S STAY 阿波池田 本町通り」隣

写真:岡本大樹

阿波池田駅から車で約15分。箸蔵山ロープウェイでアクセスできる弘法大師ゆかりの古刹「箸蔵寺」では、宗派に関係なく密教の瞑想を体験することができます(要予約)。厳しい内容ではなくリラックスして「月輪観(がちりんかん)」という瞑想法に触れることのできるレアなチャンス。こんな機会はなかなかありません。ぜひ体験してみてください。
何かとストレスフルな時代。スピリチュアルな瞑想方法に触れて、心穏やかな日常を過ごすリラックス法として自宅でも取り入れてみましょう。
<箸蔵寺の基本情報>
住所:徳島県三好市池田町州津蔵谷1006
アクセス:阿波池田駅から車で約15分

写真:岡本大樹

阿波池田から車で30分ほどの場所には景勝地として有名な大歩危峡があります。電車を利用しても大歩危駅までは30分程度なので、阿波池田を拠点としたショートトリップにもぴったり。
V字谷の急峻な傾斜面と岩壁は上から見るだけでも大迫力ですが、ぜひ観光遊覧船で間近から歴史を刻んだ岩石や地層、美しい渓流を楽しんでください。
<大歩危峡観光遊覧船の基本情報>
住所:徳島県三好市山城町西宇1520
アクセス:大歩危駅からバスで約5分

森の中のハーブ園でランチ&オリジナルハーブティー

写真:東郷 カオル

阿波池田駅から車で約30分ほどの場所にある「Largo(ラルゴ)」は、ハーブ園を併設する森の中の一軒家。自然と共存した豊かな暮らしを体験するのにぴったりの場所です。

写真:東郷 カオル

ここではハーブ園で気になるハーブを摘んでオリジナルハーブティーを作ってお土産に持ち帰る体験が可能。それぞれのハーブの香りや特徴、ブレンドした時の相性なども教えてもらえますよ。

写真:岡本大樹

ランチは地元の季節の食材を使った家庭的なお料理が次から次へと運ばれ、素材そのものの味を大切にした味付けにどこか懐かしさを感じる人もいるでしょう。世界農業遺産に選定された「にし阿波」の豊かな大地の恵みが楽しめます。
<Largoの基本情報>
住所:徳島県三好市池田町白地(詳しい場所は予約時にお尋ねください)
アクセス:阿波池田駅から車で約30分

「4S STAY 阿波池田 本町通り」を拠点に「にし阿波」の歴史と観光を楽しもう

徳島の魅力は、全国に知られている鳴門の渦潮や阿波おどりだけではありません。まだまだ知られていない魅力が沢山埋もれている「にし阿波」で、新たな徳島の魅力を発掘してみましょう。
「にし阿波」の情報収集は、地域住民による体験プログラムを集めたガイドサイト「あわこい」が便利。ぜひ、埋もれたお宝プログラムを見つけてみてください。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:JR四国、そらの郷

■関連MEMO
4S STAY 阿波池田本町通り(外部リンク)
https://4s-stay.com/honmachi/
ロープウェイで行く箸蔵寺瞑想体験(外部リンク)
https://nishi-awa.jp/contents/request_after_arrival/1880.html
大歩危峡観光遊覧船(外部リンク)
https://www.mannaka.co.jp/restaurant/excursionship/excursionship.html
Largo(外部リンク)
https://largo.pw/wp/
にし阿波体験プログラムガイド(外部リンク)
https://nishi-awa.jp/experience/awakoi

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
東郷 カオル

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)