ホーム 旅行&おでかけ > ニュータウンのど真ん中で雛人形を観賞!横浜「せせらぎ公園」

ニュータウンのど真ん中で雛人形を観賞!横浜「せせらぎ公園」

2021.01.24

「せせらぎ公園」は、横浜市都筑区のニュータウンのど真ん中に位置する広大な公園。かつては農村だった頃の面影を残す池や湿地帯があり、散策には最適なスポットです。そんな「せせらぎ公園」には古民家があり、毎年2月末頃になると古民家の中にたくさんの雛人形が飾られます。色鮮やかな7段飾りの雛人形の他、可愛らしいつるし雛など!今となっては珍しい古民家を拝見するとともに、色鮮やかな雛人形を観賞しましょう!

住宅街に同化する「せせらぎ公園」の入口

写真:木村 優光

横浜駅や新横浜駅から地下鉄ブルーラインに乗り、仲町台駅で降りて北へ少し歩くと「せせらぎ公園」があります。周囲はニュータウンに囲まれた静かな場所で、住宅のみならず緑が非常に多いエリアになっています。そんなエリアに同化する「せせらぎ公園」は、散策スポットとしても有名で、周辺住民の憩いの場になっています。
公園入口は数カ所ありますが、写真は北側の住宅街に位置するもの。大々的な公園入口の案内はありませんが、写真のように石像に「せせらぎ公園」の文字が掘られています。周辺住宅街の中を抜ける道路とのはっきりした境目がなく、まさにニュータウンの中に溶け込んでいるといって過言ではありません。
それもそのはず、周辺には住宅街の中を縫うようにたくさんの緑道が敷設されていて、それらはこの「せせらぎ公園」のみならず、他の公園(茅ケ崎公園や鴨池公園など)を結んでいます。ニュータウンであるにも関わらず非常に緑多きエリアなので、四季を思う存分感じることが可能!

北側入口から公園内に入ると?!

写真:木村 優光

住宅街に面する北側の入口から「せせらぎ公園」へアクセスしてみると、まずは目の前に大きな池が飛び込んできます。池の周囲はきれいに整備された散策路が張り巡らされ、木々が非常にたくさん植えられています。したがって、ここがニュータウンのど真ん中であることを忘れてしまうくらい!
池の周囲にはたくさんのベンチがあり、お弁当を持参して訪問することも可能!そして、写真のように池を広範囲に見渡せる東屋風のベンチもあるため、何時間でも座っていたくなるような気分にさせられます。春は桜、夏は緑、秋は紅葉と、四季折々の風景を見ることができます。

写真:木村 優光

池の東側には、写真のような古民家(旧内野家住宅)があります。内野家は京都出身で、大阪夏の陣の功績により、「せせらぎ公園」側近の荏田に領土を与えられ、それ以降現代まで続く旧家!ニュータウン開発に基づき、荏田にあったものをこの「せせらぎ公園」へ移設し復元されました。池越しに見る「旧内野家住宅」は、当時の姿を見ているかのような錯覚にとらわれます。

「旧内野家住宅」目当てなら南側からのアクセスがベスト!

写真:木村 優光

「旧内野家住宅」を目当てで訪問する場合は、ブルーラインの仲町台駅側にある北側入口からアクセスすると良いでしょう。入口から入って緩やかな坂を下ると長屋門が見えてきます。こちらは「旧小杉家」のもので、1859年に長屋門として建築されました。とても立派な長屋門に、一見、どこかのお屋敷の入口かと勘違いするほど!

写真:木村 優光

長屋門を潜ると「旧内野家住宅」が右側に、管理事務所が左側にあります。その間、小動物がいて、中には写真のような鶏がいます。日中は敷地内に放し飼いにされていて、木々の下で休んでいます。様々な仕草をする鶏はとても可愛らしく、しばらく見ていても飽きませんよ。

写真:木村 優光

「せせらぎ公園」には飼われている鳥の他に、自然の鳥もやってきます。大きな池がある関係で、池の中洲には青鷺などの水鳥がじっとりている様子も見ることができます。一見、置物のようにも見えますが、しばらく見ていると身体を動かすので、本物の水鳥!青鷺はシュッとしたきれいなフォームですので、写真を撮る方でしたら格好の被写体になるでしょう。

「旧内野家住宅」に飾られた雛人形を観賞しよう!

写真:木村 優光

そして、肝心の雛人形が飾られる場所ですが、「旧内野家住宅」の北側になります。池を背後として「旧内野家住宅」を見ると、雨戸が開放された縁側がありますので、その奥側にズラーッと雛人形が飾られます。池と住宅の間にはベンチが多数あり、座った状態で雛人形を見ることができます。

写真:木村 優光

雛人形が飾られた「旧内野家住宅」の縁側に近づいてみると、雛人形の数に圧倒されるでしょう。数個の雛壇、そして上から吊るされたつるし雛、色合いもとてもカラフルで目が覚めるほど!どれも美しい表情をしていて、しばらく見入ってしまうでしょう。なお、縁側から内部へはアクセスできませんので、手前から観賞するようにしましょう。

写真:木村 優光

雛壇の手前である縁側付近には、かわいらしい雛人形も飾られています。雛壇やつるし雛ばかりに気を取られることなく、縁側付近にも視野を広げてみましょう。写真を撮る方であれば、こういった小さな雛人形は被写体として切り取りやすいかもしれません。

せせらぎ公園の基本情報

住所:神奈川県横浜市都筑区新栄町17
電話番号:045-592-6517
アクセス:ブルーライン仲町台駅下車徒歩約5分
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
せせらぎ公園 横浜市都筑区(外部リンク)
https://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/shokai/midokoro/midokoro-05.html
せせらぎ公園「古民家」(外部リンク)
https://seseragiblog.wordpress.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
木村 優光

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)