ホーム 旅行&おでかけ > ウェスティン大阪のエグゼクティブフロアでアフタヌーンティーステイ

ウェスティン大阪のエグゼクティブフロアでアフタヌーンティーステイ

2021.02.15

ウェスティンホテル大阪は大阪の中心部・梅田にありながら、緑に囲まれた落ち着いた空間。都会の夜景が楽しめるほか、上質で温かなおもてなしが受けられ、ビジネスや観光など幅広い利用客に長年親しまれているラグジュアリーホテルです。26階以上はエグゼクティブクラブフロアで、高層階ならではの眺めに加え、快適でプレミアムな体験ができ、高級ホテルで過ごす特別な滞在・ステイケーションとしても満喫できます。

全客室41平方メートル以上!広々のんびり滞在

写真:シカマ アキ

ウェスティンホテル大阪は、観光客に人気が高い梅田スカイビル・空中庭園がある新梅田シティに位置し、JR大阪駅から徒歩約7分・地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩約9分の場所にあります。

写真:ウェスティンホテル大阪

ホテルに入るとまず印象的なのが、広々としたフロントとロビー。高級かつ重厚感があり、大きな「南蛮屏風図」(複製)が掲げられ、いつ訪れても落ち着く空間です。
世界を代表する高級ホテルブランドのウェスティンと、豊臣秀吉が天下統一の地とした大阪。和洋折衷な文化の豪華絢爛さも感じられます。

写真:シカマ アキ

ホテルの全客室が、広さ41平方メートル以上。客室タイプは16あり、そのうちスイートは10タイプです。とてもゆったりした広さがあり、のんびりと過ごすことができます。
そして、ベッドは全世界のウェスティンで統一の、“雲の上の寝心地”と称されるシモンズとコラボレーションしたヘブンリーベッド。このベッドの寝心地は他のホテルと一線を画すといっても過言でないほど非常に良く、ウェスティンが人気である理由の1つに挙げられます。

高層階のエグゼクティブクラブフロアは高級感ある特別な空間

写真:ウェスティンホテル大阪

ホテルの高層階は「エグゼクティブクラブフロア」として、このフロアの宿泊客のみアクセスできる特別な場所。一般フロアでの滞在と異なる、プレミアムなサービスが受けられます。
エレベーターを降りると、フロアごとに雰囲気が異なるのも特徴的。外資系チェーンの上級ホテルながら、東洋と西洋の文化が初めて華開いた安土桃山時代をコンセプトに、和洋折衷の上品なデザインが随所に施されているのも必見です。

写真:シカマ アキ

「エグゼクティブクラブラウンジ」は、エグゼクティブクラブフロアや一部のスイートに宿泊すると、営業時間内で何度も利用できる場所です。高級ホテルにある特別な空間であると同時に、ビジネスや休暇などで利用する、ある意味、現代の“大人の社交場”でもあります。
クラブラウンジの利用は、エグゼクティブクラブフロアの宿泊以外に、ウェスティンではホテル会員制度「MARRIOTT BONVOY」で、一定の上級資格を保有する宿泊客も利用できます。

写真:シカマ アキ

クラブラウンジ内は、いつの時間もとてもゆったりとした雰囲気に包まれています。
入口付近のソファ席は、伝統的な調度品から高級かつ上質さが感じられ、一方、奥にはテーブル席やカウンター席があり、昼夜ともに梅田エリアの眺めが楽しめます。

格別の眺めとアフタヌーンティー付きのプランも

写真:シカマ アキ

クラブラウンジでは、ティータイム、カクテルタイム、そしてドリンクサービスが提供されています(サービス時間や内容などは随時変更)
15時のチェックイン後から利用できるティータイムでは、ホテルのシェフパティシエ特製の、季節ごとの食材を使って作られる特製のデザートプレートの提供があります。
ホテル1階のロビーラウンジで高い人気を誇るアフタヌーンティーが、エグゼクティブクラブラウンジで楽しめる宿泊プラン(平日限定)もあり、このプランを利用すれば、高層階ならではの眺めとクラブラウンジの特別な空間で、アフタヌーンティーが堪能できます。通常のアフタヌーンティーよりもやや少なめながら、間食としてはちょうどよいボリューム感。スイーツの種類は、季節によって変わります。

写真:シカマ アキ

夜のカクテルタイムには、オードブルの盛り合わせを提供。この時間のみ、ビールやワイン、シャンパンなどのアルコールも味わうことが可能。ディナー前のひと時を、大阪湾に沈む夕陽や梅田のビル群が輝く美しい夜景とともに、じっくり楽しめます。

写真:シカマ アキ

クラブラウンジのドリンクサービスで特に素晴らしいのが「紅茶」のラインナップ。イギリス発で近年、高級ホテルや大手航空会社のラウンジで提供されている高級ブランド「JING TEA」が、ダージリンやアールグレイ、カモミールなど好みの味から選べます。さらに、数多くのユニークな茶葉が人気のティーハウス「ムレスナ」もあり、紅茶好きにはたまりません。

料理もテイクアウト可!客室でホテルステイを満喫

写真:シカマ アキ

ホテルステイをじっくり楽しみたいなら、客室でのんびり滞在するのがおすすめ。
エグゼクティブクラブフロアの客室には、人気の「ネスプレッソ」マシーンがあり、専用カプセルでコーヒーが味わえるほか、日本茶や紅茶のティーバッグも置いてあります。ミネラルウォーターも滞在中2本無料です。

写真:シカマ アキ

また、レストラン「アマデウス」が提供するテイクアウトのメニューを客室で味わうことができます。3〜4名向けのホームパーティボックスは数種類あり、じっくり煮込んだビーフシチューやグリルチキン、スペイン風オムレツ、前菜などがセット。家族や友人同士でシェアでき、ホテルの本格的な味が客室で楽しめます。
ビジネス出張にうれしい、1人向けのメニューもあります。ノルウェーサーモンのグリルや牛フィレ肉のライスボウル、アフタヌーンティーで人気のローストビーフサンドウィッチなどがラインナップされています。※ホームパーティボックスは、宿泊前日18時までに電話またはWEBで要予約。その他は当日17時まで注文可

写真:シカマ アキ

エグゼクティブクラブフロアでの滞在は、一度体験すると、その特別さが実感できます。通常の宿泊プランよりやや高いものの、利用する価値は十分にあると言えます。

朝食の和食は「はなの」プロデュース 洋食やサラダも充実

写真:ウェスティンホテル大阪

2021年1月現在、エグゼクティブクラブフロアの宿泊者は、翌朝の朝食会場はホテル1階「アマデウス」になります。
ここは天井がとても高くて開放感があるのに加え、大きな窓から見える自然あふれる緑と、朝日を浴びながら味わう朝食は、1日のスタートにふさわしい格別なものがあります。

写真:シカマ アキ

シェフこだわりの洋食と和食の料理の数々、そして「アマデウス」名物ともいえるサラダバーが、自分好みの量だけ存分に味わえます。ほぼすべての料理がオーダー制で、スタッフが皿に盛って手渡ししてくれます。
特に、朝から新鮮な野菜がたくさん食べられるのもうれしい点。ホテルオリジナルのドレッシングをかけて食べると、野菜がより美味しく感じられます。

写真:ウェスティンホテル大阪

一方、日本人にうれしい和食は、みそ汁や焼き魚、湯豆腐などの料理を、ホテル内にある人気の日本料理店「はなの」がプロデュース。以前から定評ある「はなの」の出汁が効いた味は絶品です。
中でもおすすめなのは、「はなの」専属料理人が焼く出汁巻きの卵。できたての味は、ふわふわの食感としっかり出汁の味わいが楽しめます。朝から「はなの」の味が堪能できるのも、ウェスティンホテル大阪ならではと言えます。※緊急事態宣言時などはメニューが変更される場合があります。

ウェスティンでワンランク上のアフタヌーンティーステイ

通常フロアと異なる、エグゼクティブクラブフロアでの極上ホテルステイ。特別なラウンジの利用より上質なサービスの数々が堪能できるのに加え、客室での滞在もさらにグレードアップし、「高級ホテルに泊まる」という非日常を体感できます。
長年、客室や料理、サービスに至るまで評判高いウェスティンホテル大阪。ここで体験するプレミアムな宿泊により、旅の思い出として、また近場でのステイケーション先としてもおすすめです。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ウェスティンホテル大阪(外部リンク)
https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osawi-the-westin-osaka/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
シカマ アキ

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)