ホーム 旅行&おでかけ > お籠りしたい新橋「HOTEL 1899 TOKYO」くつろぎポイント大解剖!

お籠りしたい新橋「HOTEL 1899 TOKYO」くつろぎポイント大解剖!

2021.02.15

お茶をコンセプトにした新感覚ホテルとして人気の東京新橋「HOTEL 1899 TOKYO」。宿泊客が安心して寛げるような、このホテルならではの様々な嬉しい配慮があります。今回は、お籠りして長期滞在したくなる「HOTEL 1899 TOKYO」のおもてなしアレコレをご紹介します。

くつろぎpoint.1 和モダンが落ち着く

写真:HOTEL 1899 TOKYO

「HOTEL 1899 TOKYO」は、JR新橋駅や都営大江戸線・大門駅に近く、東京タワーや銀座にも徒歩で行けるアクセスの良い場所にあります。1階の日本茶専門カフェ「CHAYA 1899 TOKYO」を目印に向かいましょう。
到着したら2階のフロントへ。
外光がたっぷり入る、和モダンでお洒落なフロントでチェックイン。

写真:HOTEL 1899 TOKYO

お部屋はどのタイプも、クリーンで落ち着いた雰囲気。
上の画像は、スーペリアダブルAーIORIー。白と緑(お茶の色!)を基調にコーディネートされ、マテリアルの所どころに日本文様が使われていたり、水屋をイメージさせる釣棚や茶筅を模した照明などもあって、和洋折衷のニュースタイルと言える粋な空間です。
お茶を飲んで一服できるベンチソファがあったり、旅の荷物をたっぷり収められるロッカーもあって、のびのびと寛げる機能もバッチリ!

くつろぎpoint.2 こだわりの上質アメニティ

写真:なおぢ はるみ

「HOTEL 1899 TOKYO」のくつろぎポイントは、空間だけではありません。
アメニティも豊富で、何よりひとつ一つが上質でこだわりがスゴい!
画像のナイトウエアは、「HOTEL 1899 TOKYO」オリジナル。
サラリとした肌触りの生地で、体をゆったりと包んでくれ、抜群の着心地です。スリッパも驚くほどフカフカ!
旅の疲れをほどいてくれる、ストレスケア度が高めのアメニティに感動します。
外で着ていた服のまま部屋で過ごすより、すぐにリラックスウエアに着替えてくつろぐ方が良いですね。

写真:なおぢ はるみ

バスルームのアメニティも、こだわり高め!
国産オーガニック緑茶の茶葉から抽出した抗酸化力や殺菌効果の高いカテキン(世界初の油分に溶け込むカテキン!)とコラーゲンやビタミンCが配合された商品です。殺菌効果が高いというのは、高ポイントですよね。
“トリプルC”と名付けられた、こちらのシャンプー・コンディショナー・ボディーソープのシリーズは、フロント横の販売コーナーでゲットできます。旅土産に良し、お家用にも良しで、おすすめです!

写真:なおぢ はるみ

アメニティとして、日本茶のバリエーションをここまで揃えているホテルは、なかなかありません。
しかも、かなり本格的なお味で、ティーサロン並みのクオリティです。これをホテルの部屋で飲めるとは!
こちらの1899オリジナルティーバッグは10種類あり、希望すれば好きなお茶の一煎パックを用意してくれます。
お茶の旨味を味わいたい時は深蒸し煎茶の“六煎茶”、朝のさわやかな目覚めの一杯は和紅茶×レモングラスの“和み”、旅の疲れを癒すほっこり時間にはゆず薫る和紅茶“清らか”など、いろんなシーンでティータイムを楽しみましょう。のんびりリラックスして、部屋から出ずにのんびり過ごそうかなと、お籠りしたくなりますよ!
1899オリジナルティーバッグも、フロント横のコーナーで販売しています。

くつろぎpoint.3 ティーサービスでほっこり

写真:なおぢ はるみ

「HOTEL 1899 TOKYO」に宿泊したら、マストで楽しみたいのが、2階のティーカウンターで淹れてくれる抹茶もしくは煎茶のサービスです。滞在中は何度でも利用できるという感動のおもてなしです!(宿泊者限定/午後3時から午後10時まで)

ポコポコと茶釜の中で湧き立つ湯の音や、スタッフの方の厳かなお手前を見ながら、静かに心落ち着けるひとときです。

くつろぎpoint.4 感動ものの鯛茶漬け

写真:HOTEL 1899 TOKYO

「HOTEL 1899 TOKYO」の1階にあるオシャレな日本茶専門カフェ「CHAYA 1899 TOKYO」も、ホテル滞在中フルに楽しみたいコンテンツです。
ドリンクメニューにお茶のバリエーションが豊富なだけでなく、お茶で作ったパンやソーセージなどのフードメニューがとっても美味!お部屋にいて、ちょっと小腹が空いたなという時も、あちこち出歩かなくていいからとっても便利ですね。

写真:HOTEL 1899 TOKYO

大注目なのが、2020年12月からの新メニュー“抹茶味噌”と“ほうじ茶味噌”の2種類から選べる鯛茶漬け。
ふっくら炊き上がった白米に昆布締めにした鯛と自家製の茶味噌、栄養素豊富なビーツやケールをたっぷり盛られた、超ヘルシーで贅沢なお茶漬けです。

写真:HOTEL 1899 TOKYO

“抹茶味噌”は玉露とかぶせ茶の茎を使用した緑茶で、“ほうじ茶味噌”はオリジナルブレンドの番茶を注いでいただきます。
厳選された食材、一手間かけて調理されたスーパーフード、味の変化を楽しめる自家製の茶味噌、それを溶く上質のお茶が織りなすふくよかな美味しさは、日本料理の技術を生かしながらカジュアルに仕上げた一品で、大人の贅沢を手頃な価格で味わえますよ!(1日30食限定で平日のみの提供)

お籠り東京旅に最高のホテル

「HOTEL 1899 TOKYO」は、至るところに宿泊客が安心できる配慮と、お茶をテーマにした上質のくつろぎポイントが散りばめられています。長期滞在のゆっくり東京旅にぴったりなので、ぜひ泊まってみてくださいね。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
HOTEL 1899 TOKYO
https://1899.jp/hotels/tokyo/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
なおぢ はるみ

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)